マシンハヤブサ・キャラウィール【59】

タンポ印刷で再現したマシンの魅力!

Introduction of Japanese toys
MACHINE HAYABUSA

ホビービルドプラス宇宙九太です。
玩具レビュー59は、バンダイとマテル社
が、提携して出したキャラクター系の
ビークルブランド、キャラウィールCW28
マシンハヤブサのレビューです。

マテル社は、アメリカの玩具メーカーで
1968年から販売したダイキャストカー
ブランド、Hot Wheels(ホットウィール)
を世界に販売しています。

そのマテル社と提携し、タイヤ・ホイール
などの共通パーツを使用した販売方式の
バンダイのシリーズが、キャラウィール
特撮やアニメのマシンを販売しました。

マシンハヤブサは、1976年4月2日から
現・テレビ朝日系で放送したアニメ番組で
70年代のスーパーカーブームの一端を
担った人気番組で、ポピ二カやプラモデル
など多数発売されました。

60年代のマッハGOGOGOの70年代的存在
で、90年代のサイバーフォーミュラー
先祖的な架空のマシンを、架空のレースで
展開するアニメ作品です。

キャラウィールマシンハヤブサは、まず
ホイールが、ホットウィールなのは合って
なくも無いマシンで、トミカのように実車
が在る訳では無いので、印象的な事ですが
全体のフォルムはアニメのマシンを捉えて
いて良く出来ています。

ポピ二カマシンハヤブサのようには
サイズも予算も違うので、コックピット前
のバイザーやライトなどは、トミカと同じ
銀の塗装で表現しています。

タンポ印刷で魅せるマシン!


サイドからは、文字や日の丸ゼッケン
タンポ印刷で綺麗に出て居るのは、某社の
某社ミニカーのようなシールでは無く
このキャラウィールのシリーズには、マッチ
してる技法で、日の丸などは3mm略ないかも
しれないので、略して無くても不思議では
無いサイズです。*タンポ印刷・用語辞典頁へ


前から見ると、このサイズ(全長8cm)で
よくコックピット周辺を、ダイキャストで
形にしていて驚きます。

リアから見るとV1エンジン周辺は、樹脂で
別パーツ仕上げを接合してあります。

コレはC.E.(コレクターズエディション)
V3エンジンに変更して発売される事に繋が
ります。
*作中ではV1~V5エンジンが登場しますが
キャラウィールでは2タイプで終わります。

斜め後方から見ると、前との重量配分が
気になる形で、V1エンジンとサブエンジン
が後方に直接排気してるのに、下に5本の
マフラーが在るは、70年代ぽい面白さです。


真裏から見ると、前後2本のネジで留められ
前後のタイヤの間に刻印が左右に入って
居ます。 写真だと解り難いかもですが?
マシンのセンターは抜けています。

マシン ハヤブサ

全長5.7m

全幅2.9m

重量650kg

V1エンジン サーキット用・逆噴射装置付。パワーエンジン

V2エンジン  砂地等オフロード用、トルク重視エンジン

V3エンジン  上り坂に強い高回転高トルクの画期的なエンジン。不調域がある。

V4エンジン  ハンドルに連動エンジン、片側ずつ逆噴射する。

V5エンジン  V1からV4までの特性をすべて持たせたエンジン。

■メーカー・MAKER バンダイ・BANDAI
■発売・Sales Year  2002年
■当時価格 648円(税込)
■キャラウィール・ブリスター販売
■登場作品 マシン ハヤブサ
■製品仕様 全長サイズ約8cm×3cm

キャラウィールラインナップリスト頁へ