アセレンチ・ランプ ソフビ【60】

木下平八郎とアセレンチ・ランプの関係?

Introduction of Japanese toys
Aserenchi Rampu(OSAMU TEZUKA)
玩具レビュー60は、手塚治虫
スター・システムのキャラクターの1人の
アセレンチ・ランプを、ビリケン商会
販売したソフビ人形のレビューです。
*スター・システム、映画の俳優のように
同じキャラが、別の作品で別の役として
登場して描いていたシステム。

アセレンチ・ランプは、俳優さんで言う芸名
で、ヒゲオヤジお茶の水博士のように
作中で、アセレンチ・ランプと言われる事は
少なく、悪役を演じる事が多いのもあって
名前が特に無いか、別名、ランプだけ付く形
ですが、手塚ファンは当たり前の事として
アセレンチ・ランプと言う名で、語り会える
本当の意味でスター・システムを実現してる
キャラクターだと言えます。

数々の手塚作品でも、悪役は勿論、警部
医学者、女性を演じる事もある特異な存在で
ネーミングの由来でも在る、後頭部に感情を
表現する、漫画ならではの表現方法として
ロウソクが立つと言う技?を見せる。
漫画的には、アイディアが閃くと電球が頭部
で点灯する画が描かれる事が在りますが
アセレンチ・ランプの場合、このロウソクの
を熱源とてストーリー上利用する事もあり
漫画のキャラクターとして、もっと評価され
てもおかしくない素晴らしいキャラの1人です。

ソフビのアセレンチ・ランプは、そのキャラ
の重要性、希少性を充分に反映した凝った
ソフビ人形になっています。
手塚治虫・キャラクター・ワールド4人の
シリーズの中の1人(1体)としてリリース
されていますが、ポーズは、他のキャラとは
大きく違い、ギャングを演じた事が多い印象
からか?ピストルを構えていて、前傾姿勢で
表情まで着けられています。

背面から観ても、御決まりの格子模様の背広
で、立ち姿勢で造形・製造する方が、楽な
ソフビ人形ですが、右手の肘が後方に伸びて
背広の裾が後方になびいた形状で造形してい
るのは、主役のキャラクターでもソフビでは
やらないポージングですが、キャラクター
イメージを重視して、見事に形にしている
素晴らしい1品です。

側面から見ると、前傾姿勢で足の運びや右手
に構えるピストル、突きだした顔(頭部)の
ポージングの形が、よく解ります。
略可動しませんが、このポーズを見れば充分
手塚ファンなら納得なソフビ人形です。


右手のピストルは、グリップが手の隙間から
見える部分のや、引き金にかかるヒトサシ
部分も細かく塗装していて、シャツが背広
袖のカフからのぞく部分などは、略されるの
が普通ですが、造形し白で塗装していますし
ベルト通しまで塗り分けています。


靴の裏には1990年ビリケン刻印
手塚プロ・版権シールが貼ってあります。


また、頭部のロウソクは別パーツなので回転
させる事が出来ます。このロウソクだけで
2色使用し、他に無いオレンジも使用してでも
この部分を大事に再現してるのにも頭が下が
ります。

リアルなアセレンチ・ランプのモデル!

そのアセレンチ・ランプの頭には、何故?
ロウソクがのって居るのか?と言う謎は
作者の手塚治虫が、小学生の時の友人の1人
に、後頭部に平たいくぼみがある木下平八郎
くんが、ロウソクのせれば立つ?と言う噂を
面白がり、産まれたキャラクターで、ヒント
になった実際の友人が存在していたそうです。

■メーカー・MAKER ビリケン商会
■発売・Sales Year 1990年
■当時価格 4000円
■手塚治虫・キャラクター・ワールド
■登場作品 W3、ブラック・ジャック、鉄腕アトム・他
■製品仕様 全長サイズ約26cm

/*Googleアドセンス*/