//グーグルアドセンスコード ゴジラザウルス、バンダイ製ソフビのレビューです。

ゴジラザウルス・バンダイ ソフビ【67】

空想から現実の恐竜になった怪獣玩具!

Introduction of Japanese toys
Gojirasaurus(GODZILLAseries)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー67は、1992年にバンダイ
から発売された、ゴジラザウルス
ソフビレビューです。


ゴジラザウルスは、1991年12月14日
公開されたゴジラvsキングギドラ
初めて登場した恐竜ですが、その名前
は作中では語らません。

ゴジラザウルスとして、映画に出るのは
ゴジラvsメカゴジラ(1993年)なので
このソフビに足の裏の玩具名の方が
先に、ゴジラザウルスと言う名前を知らす
事になる特異な位置付けにあるソフビです。

現実化したゴジラザウルス

歴史順に言うと、初代ゴジラのビキニ環礁の
核実験で、ゴジラに変貌したとされる元の
恐竜と言う設定で、架空の恐竜でした
ゴジラvsキングギドラから、6年後
中生代三畳紀に棲息していた獣脚類の
コエロフィシス科に属する中型肉食恐竜に
ケネス・カーペンター博士が、ゴジラ
ファンであった事から、ゴジラウルスと言う
名前を本当にネーミングしてしまいました。

*商品キャラ的には、ゴジラウルス(映画)
ゴジラウルス(現実)と、Saurusu
Zaurusで、分けていますが、言葉としては
トカゲのようと言う意味で、ウルスが
時期的に少し古く95年頃からは言わなく
なっているに過ぎません。


ソフビのゴジラザウルスは、設定的にも良く
出来たプロポーションと、表面の皮膚感を
持ったソフビで、当時も怪獣ファンでは無く
恐竜ファンも買い求めたと言う程の出来です。


正面から観ると、頭部がゴジラに近く見え
ますが、ボディが全く違う事に面白さと
戸惑いを感じます。塗装も良く見ると凝って
いて茶色に、シルバーが軽く入り、喉や
下腹部にクリーム色とゴールドが少し吹いて
ある事で、色に奥行が出て居ます。


背ビレは、ゴジラの最大の特徴なので程よく
略して在り、銀の塗装が吹かれています。


サイドから見ると、頭部が長くフォルムも
より恐竜ぽく、映像よりも恐竜に見える
ソフビで、腕の付根と足の付根、尻尾の付根
で可動します。


足の裏には左右に刻印が入って居ます。


踵の爪は、安全対策なのか?映像に忠実なの
か?かなり下側に向いています。


足の角度で身長や、姿勢からイメージが
けっこう変わるソフビで、目や牙などの顔や
皮膚感的にも、良く出来た1体でゴジラファン
や、恐竜のファンも持っていたい1体です。

単体以外にも、歴代怪獣BOX版の中の1体と
して、ボディカラー青系も販売されています。

ゴジラザウルス

身長・12メートル
体重・60トン

生息分布・生息範囲・マーシャル諸島~ベーリング海

デザイナー・西川伸司

スーツアクター・福田亘

■メーカー・MAKER バンダイ(BANDAI)
■発売   1992年
■当時価格 600円
■登場作品 ゴジラvsキングギドラ(1991)
■製品仕様 全長サイズ約13~15cm*
*足の角度で変化。*頭部から尻尾の先端約25cm