ゴーストロン・ウルトラ怪獣シリーズ【210】

Introduction of Japanese toys
GHOSTRON(Return of Ultraman)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー210は、帰ってきたウルトラマン
第8話「怪獣時限爆弾」に登場する
弾怪獣ゴーストロンのソフビ
B-CLUB(復刻版)レビューです。

帰ってきたウルトラマンは、1971年4月2日~1972年3月31日
TBS系で放送された円谷プロ製作の特撮番組です。

スペクトルマンと共に、第二次怪獣ブームを牽引し
長いウルトラマンシリーズの中で、最も多くの
ソフビを販売、ラインナップした番組で
売る怪獣が足りない為に、番組後半には1話に
新しい2体の怪獣(怪獣・宇宙人)を登場させると
言うソフビ販売サイドからスポンサーとして
要求が実現する程の大ブームになります。

リアルなアーストロンの兄弟ゴーストロン

ゴーストロンは、1話に登場する怪獣
アーストロン兄弟というような設定が
あったり、アーストロンの改造と言う
裏話がありますが、実際にも兄弟

番組枠が確保できて、撮影準備期間
短かった為に、脚本の完成前に
怪獣の製作を先行させる為にベースを2セット作る事で時短をしています。

つまり、ウルトラマンだとゾフィー
帰ってきたウルトラマンは、ベースは
同じで、体のパターンなどを変えれば別キャラが出来るのと同じです。

なので、厳密のは改造ではありません。

他にも

キングザウルス3世と、ステゴン
ダンガーと、シュガロン

も、リアルな造形的には兄弟です。

ゴーストロンを前から観ると
アーストロンとは違う型から
造型してあるのがわかります。

実際ゴーストロンは胸や
腹部は、こういう形状では無く
カラ―も腹部が別のカラ―では
無いのですが、アーストロン
ソフビに、ひっぱられているようです?(^^:

*アーストロンも同じく形状やカラーはソフビと異なる。

アーストロン・ソフビ

足はアーストロンは作中と
同じ4本足(指)ですが、ゴーストロン
作中では4本で、ソフビは3本です。

表面のディティールも細かく
アーストロンとは違うパターン
で、全身に構築されています。

この辺りも、当時のブルマァク技と味です。

ゴーストロンの顔は、白目も
ちゃんと入れられていて、黒目
丸く、クチの中も赤
シルバーも、シッカリ上側まで綺麗に塗装されています。

*オリジナルは、白目が無い
個体が多く、歯と赤が・・・
かなり雑で、歯が赤いモノも多い。

ゴーストロンサイドから見ると
オリジナルの*2期と言われる事が
多い、クリーム色の成型色に
*ブルーが吹かれています。
*クリームは3期と言う方もいます。
*2期の当時はクリームに吹き

足が太くて、ボディの前の
位置から伸びているのが解ります。

また、クチの開き方が作中の
ゴーストロンのイメージを
表していて、凶悪怪獣では無い雰囲気が出て居ます。

ゴーストロンを後ろから見ると
尻尾を長くしている工夫が
カーブや、先端が上がって居る
ことで施されているのが解ります。

尻尾は背ビレが、シッカリ造型
されていて、色分けされているので
ズラす(回す)と、違和感が高いです(^^:

可動は、は可動せず、腕の付根
足の付根が可動して、尻尾も一応可動します。

足の裏(下)には、右足に凹モールドで
ブルマァクの刻印があり
上に、(C)円谷プロの文字が入って居て

左足にはゴーストロンの文字が、手書きで刻まれています。

爆弾怪獣ゴーストロン

身長:40メートル

体重:2万トン

出身地:大杉谷

武器

口から放つ火炎

スーツアクター 遠矢孝信

デザイン・池谷仙克

ゴーストロン カラ―バリエーション

・ゴーストロン(グリーン)青メタ吹き 1971年 350円

・ゴーストロン(明グリーン)青メタ吹き 1971年 350円*
*腹部の吹きがシルバーとクリーム色がある。

・ゴーストロン(クリーム)緑吹き 1971年 350円

*当時の目は黒目だけと白目に金、黄色が入る個体差があります。

・ゴーストロン(クリーム)青吹き 1998年 4800円(NO.1779)

・ゴーストロン(イエロー)緑吹き 2001年 4800円(NO.2122)

■メーカー・バンダイ(オリジナル・ブルマァク)
■発売元 (株)バンダイ・ホームプロダクツ事業部
■発売・Sales Year 復刻・1998年  NO.1779 元・1971年  
■当時価格 4.800円
■登場作品 帰ってきたウルトラマン(1971年)
■製品仕様 全長サイズ 約20㎝ 

MATピンズ(本七宝)
帰ってきたウルトラマン
ASIN: B07WBZ6D63
詳しく見る。