ガンツ先生 ポピー超合金(ロボコン)【27】

先生の背中に隠された採点の魅力!

Introduction of Japanese toys
Robocon GANTUTeacher

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー27は、1974年に発売された
ポピー超合金ガンツ先生です。
ガンツ先生は、がんばれ!!ロボコン
登場するレギュラー教師ロボット
ロボコン達を採点する機能を持っています。

がんばれ!!ロボコンは、原作石森章太郎のコメディで
1974年10月4日金曜日19:30~1977年3月25日にNTE系で
放送された人気番組でした。

It is a Japanese comedy program of 1974.

ロボコンや仲間は、ガンツ先生が造った
ロボットで、その行動を1週分のデータとした
記録カード(採点カード)を、クチから入れて
計算し、点数化して100点になると
ハートマークが1つ貰えると言う、解りやすく
学校のテストと重なる部分は、子供に受けた
要素で、1974年から1977年3月25日の長い
放送中、変更なく通したパターンでした。


超合金のガンツ先生も、主人公のロボコン
同じく、殆どのパーツがダイキャスト
造られているので、ズッシリと重く安定して
立たす事が出来ます。
足は、ロボコンと同じくテレビ画面では
全部銀色ですが、何故か黒い足首から下になっています。

ボディカラーも、テレビ番組内は銀色ボディ
ですがメタリックブルーで、クチや点数の
出て来るお腹、腕、背中に背負うロケット
紺色です。
腕の紺色はシールですが、番組内の
ガンツ先生には無い濃淡です。

箱の写真は試作品なのか?ボディも銀色で
クチも銀色です。腕などもテレビ番組内の
ガンツ先生に忠実なので、メタリックブルー
ボディカラーの変更他、玩具としての魅力や
ロゴコンや、その仲間達と並べた時を考慮した
変更のようです。超合金のナンバーは初期の
ラインナップなので、まだ箱に記載は無いです
「GA-15」でした。

背面は肩とオシリにプラスネジが在り、体を
留めています。
刻印はオシリのネジの上下に入って居ます。

上がポピーで下が石森プロ、東映です。

2つのロケット噴射の間のダイヤル
形としては玩具のオリジナルで、廻すと
クチから入れた採点カードが、お腹から出て
来ると言う楽しいギミックになっています。
このギミックが、子供に受けたのか?
ガンツ先生は長いシリーズ中、交替する仲間の
キャラ人気とは別に売れ続けていました。

 背中で採点!楽しい手動ミニギミック!


クチから採点カードを入れて、背中のダイヤル
を廻す手動の単純なギミックですが、番組と
同じ遊びを可能にした事は、本来無いパンチが
飛ぶとか、ミサイルなどの追加ギミックよりも
子供にはストレートに歓迎された遊びでした。

腕は肩の部分がボディと一体で、斜めななので
なんとか上げても、角度の限界は写真の
高さまでで、足も…殆ど動きません。(^^:

テレビの中でも、殆ど採点のシーンに立って
いるだけなので、余計に動く必要は無かった
キャラなのが幸いしてます。

決め台詞ロ~ボコン0点!」を子供が言える
ギミックこそが、この超合金ガンツ先生
最大の玩具ポイントになった玩具でした。

45年以上経っていますが
かんたんなメンテナンスの御蔭で
ガンツ先生元気綺麗です。

ガンツ先生

教師ロボット 声・野田圭一

ロボット学校のロボット生徒たちは全てガンツ先生が造った。

各ロボットは採点装置で、記録カードの審査・採点を受ける。
100点を取るとハートマークが貰える。

背中のロケットで飛行可能。

がんばれ ロボコン ポピー・超合金【26】
■メーカー ポピー(バンダイ)GA-15
■発売・Sales Year 1974年
■当時価格 1350円
■登場作品 がんばれ!!ロボコン
■製品仕様 ダイキャスト 全長約12cm

超合金GAラインナップリストへ