ゴメス・ウルトラ怪獣シリーズ【410】

Introduction of Japanese toys
GOMEZ(GOMESS)(UltraQ)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー410は、ウルトラQの第1話
「ゴメスを倒せ!」に登場する
古代怪獣ゴメスを、2001年
円谷英二特技監督の生誕100周年記念として
怪獣郷から発売された1体のレビューです。

 

ウルトラQ

1966年1月2日~1966年7月3日 TBS系放送
円谷プロ製作空想特撮シリーズです。

自然界のバランスが崩れた「アンバランス」と言う
番組に、怪獣の要素をプラスして「ウルトラQ」
して放送、最高視聴率36.8%を記録します。

日本中に怪獣ブームを巻き起こし、雑誌やプラモデル
関連グッズも大ヒットで、テレビ番組のマーチャンとしても
画期的な作品になり、テレビキャラのソフビと言う
ジャンルを定着させる元になります。

■円谷英二生誕100周年記念ソフビ

円谷英二生誕100周年記念ソフビ
として、怪獣郷ブランドで
初代ゴジラゴメスジラース
円谷英二の4つのソフビを1セット
して販売した記念ソフビです。

■ゴメスのソフビ

ゴメスも含め、ウルトラQソフビ怪獣
初めての怪獣玩具だった事からも
本当に子供に受け入れられるのか?
まったくの手さぐりだった為に

1期と呼ばれる最初のゴメス
わずかに600体しか造られませんでした。

後々のウルトラQ、ウルトラマン
大ヒットからしたら、メチャメチャ
少ない数
ですが、前例が無いと言う事で
しかた無かったのかもしれません。

ガラモンは、ウルトラマン
ピグモンが出た事から、継続して同じ
ソフビが発売され

カネゴンも、ウルトラマンの本編には
出ませんが、オープニングの影絵
出ている事から、そのまま発売されて
いますけども、他のウルトラQの怪獣は
白黒番組だった事から、再放送が少なく

ウルトラマン、ウルトラセブン
怪獣の前に存在が薄くなり、ブルマァク
時期も、あまり数は造られてないようです。

容姿も作品のゴメスとは、かなり異なり
尻尾も短く、二股ではなく1本だったり
ゴジラベースでもなく、虎や熊ぽい…
可愛いような微妙な容姿でしたけども

2001年に、スタンダードサイズのソフビ
としては、かなり作中に近いゴメス
円谷コミュニケ―ションズ

2004年マーミットからも別型での
同サイズが発売されています。

ゴメスを前から観ると、カラー
ブラウンベースで、造型と関係無い
ような吹き方では無く、角や爪他
造型部分に合わせた塗装になって
いるのが解ります。

元々の東宝から借りたゴジラ
ベースで、返却する前提なので
ゴジラなどをプラスする改造
のみで、ゴジラの部分を削るなど
マイナス変更の改造は出来ない
怪獣でしたが

ゴジラは手首から先は、*次作や
メンテナンスでも、取り替える
事から、手首から先は大きな
爪を持った手がゴメス用に造形し
取り付けられている、手の大きさ
造型されています。

*ゴジラは新作時に前作のスーツ
火薬など痛みが激しいと想定
されるシーンに使用するので保管していました。

ゴメスをサイドから見ると
尻尾の先が二股になっているのも
シッカリ造形してあります。

やクチの後から後方に伸びる
角のようなパーツもあり
手首少し上から伸びる角?
ようなパーツも、造型されています。

首のシルエットが解り難いような
首の後方の部分も、略しながらも
ちゃんと造形されています。

ゴメスを後ろから見ると…
クチの後方から伸びた角?ような
パーツの存在感が凄いです。

ゴジラの最大の特徴でもある
*背ビレは装着せずに、カメの甲羅
のような、チャック隠しを背負わせて
いるのも造型され、亀ぽい?カラ―
メタリックグリーンが吹かれています。

*ゴジラの背ビレは、スーツアクターの
出入りや、メンテナンス的に外しやすく最利用しない部分。

ゴメス可動は、首(ボディとの付根)
腕の付根、足の付根が可動します。

尻尾の付根も可動します。

マルサンブルマァクの尻尾は固定で動きません。

ゴメスの足の裏(下)には
右足には凹モールドで、怪獣郷
刻印が入り、TSUBRAYAのシールが
貼られています。

左足には凹モールドで
(C)円谷プロ

34.ゴメス

2001

MADE IN JAPAN

20年以上超えてもメンテナンスの御蔭で
古代怪獣ゴメス綺麗元気に保っています。

古代怪獣ゴメス

身長:10メートル
体重:3万トン
  出身地:東海地区 金峰山付近

スーツアクター 中島春雄
デザイン・井上泰幸
造型 ゴジラの流用 改造・村瀬継蔵

■メーカー・怪獣郷(円谷コミュニケ―ションズ)
■発売・Sales Year 2001~2002年
■当時価格 15000円(BOX4体セット価格)
■登場作品 ウルトラマン(1966年)
■製品仕様 全長サイズ 約23.5㎝ 

ウルトラQ
昭和のテレビコミック
中城健太郎 (著)
詳しく見る。