//グーグルアドセンスコード ポピーの超合金ロボガリのレビューです。

ロボガリ ポピー・超合金(ロボコン)【32】

あるロボットを隠す!?

Introduction of Japanese toys
Robocon ROBOGARI
玩具レビュー32は、1974年に発売
されたポピーの超合金ロボガリです。
ロボガリは、がんばれ!!ロボコン
登場する一期生の勉強ロボットです。

一番の優等生的存在でしたが、よく
悩む面も描かれ、ある意味考えを優先せずに
行動に走るロボコンと対局に位置しますが
時に、ロボコンの友情や情熱が計算を超えた
結果を産み出す事に落ち込んだりもします。

がんばれ!!ロボコン
原作・石森章太郎のコメディで
1974年10月4日金曜日19:30~NTE系
で放送された番組です。

It is a Japanese comedy program of 1974.

超合金のロボガリも、眼鏡をかけていて
理由は勉強のしすぎで視力が悪くなったから
と言う、ロボットなのに?解るような
解らないような設定で、近眼のような仕草を
する事もあります。

頭部の上はクリアパーツのドーム型になって
いて、下の青い部分ダイキャスト合金です。
ボディや腕・足も頭部のドームから下は
全てダイキャスト合金なのは、ある意味豪華
です。

カラーリングも、足の金属パーツ以外は
テレビ画面と殆ど同じカラーなのも、他の
仲間と比較すると珍しい存在です。

後ろから観ると、頭部とオシリにプラスネジ
が在り、刻印は腰の上の赤い部分と、下の
黄色い部分にあります。

後部のダイヤルと頭部メカギミック!

後頭部のダイヤルと、肩の辺りに見える
黄色いレバーは、それぞれ下で説明します。
手首から先は、ナンバー的にはロボパー
同じ、金色の同パーツです。

後頭部の小さなダイヤを回すと、透明部分
内部の電子頭脳のメカが、回転して別の
もう1つの電子頭脳メカが現れます。

180度回転して、2パターンのメカを観れると
言う事で、1つはテレビ画面と同じくセンター
赤いランプが在るメカで、もう1つは青い
メカが在るタイプが用意されています。
ただ、コレは玩具のオリジナルギミックで
テレビ作品内のロボガリのメカは固定です。

背中の肩部分の黄色いレバーで、胸のメカが
ミサイルのようにバネで発射します。
このギミックも、玩具のオリジナルギミック
で、テレビでは飛び出したりはしません。

ロボコンなどの主人公と比較して、サブの
ロボガリにと装備したアイテムで、2つとも
キャラの「形」を守りながら、考えられた
子供が遊ぶには、嬉しいアイテムだったと
思います。

胸のメカは前面がシールですが、大百科辞典
と、メカの予備の計4つが入っていました。

腕は両方上げても、写真の高さまでです。

ボディの肩部分の膨らみから、どうしても
これ以上は上がりませんが、テレビでの
ロボガリも、頭部が大きく造られて居たので
スーツ的には手が短く、同じ肩くらいまで
しか上がらないので、見た目的にも
ロボガリの雰囲気が出て居ます。

■メーカー ポピー(バンダイ)NO.GA-18
■発売・Sales Year 1974年
■当時価格  1300円
■登場作品 がんばれ!!ロボコン
■製品仕様 ダイキャスト 全長サイズ約12cm

Amazonで関連商品を詳しく見る。↓

●超合金GAラインナップリストへ