ゴドラ星人・ウルトラ怪獣シリーズ【228】

Introduction of Japanese toys
ALIEN GODOLA(Ultra Seven)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー228は、ウルトラマン生誕
25周年記念バンダイが旧型から発売した
ウルトラセブンの4話マックス号応答せよ
登場する反重力宇宙人ゴドラ星人のソフビレビューです。

 

ウルトラセブンは、1967年10月1日~1968年9月8日
TBS系で放送された円谷プロ製作の空想特撮シリーズです。

ウルトラマンとは異なる侵略をテーマにした
SF色の濃い内容で、今でも多くのファンがいる
名作で、その後ウルトラ兄弟の設定が追加され
ウルトラマンシリーズの1本とされていますが
放送当時は、独立した作品なのでウルトラマン
助けにくるなどの枠を超えた交流は描かれていません。

ポージング・ゴドラ星人

ゴドラ星人は、ウルトラマンでは
なくて、ウルトラセブンのキャラ
なので、マルサンエレキングイカルス星人などと同じく

一定のポーズを個体として持つソフビ人形として製造しています。

ただ、エレキングなどと異なる
一見、今も販売されるオーソドックスなタイプに見えます。

ですが、右手を上に上げて
上半身を右に少し回したポーズ

作られているを以下で写真と共に解説しています。

ゴドラ星人を前から観ると
本来のゴドラ星人よりも
頭部が短いのと、足が太いのは
マルサンのディフォルメの範囲だと思います。

上に書いたように右手は上げた
ポーズが正しい固定の位置になります。

カラーリング的には、マルサン
ブルマァクよりも、より作中に近いカラ―になっています。

腹部は黒ですが、何故かグレーです。

右手を下げると、ハサミ
逆向きになっていて、上げると
ハサミが正しい位置になります。*下げると左右が異なる。

ゴドラ星人をサイドから見ると
やはり頭部が短いと言うか…小さいですね(^^:

も、サイドからは少し寂しい感じです。

ゴドラ星人を後ろから見ると
背骨のようなチャック隠し腰の部分に少し在ります。

このチャック隠しを合わす
やや上半身が右向きなのが
正しい固定ポーズの位置なのが解ります。

作中のチャック隠しは、上まで
もっと長く在り色もです。

ゴドラ星人の可動は、下半身は
ポージングは固定で、腕(肩)と、腰が可動します。


ゴドラ星人の足の裏(下)には
右足にが凹モールドで(C)円谷プロの刻印があり

左足には、横向きにブルマァク
刻印があり、BANDAI 1991JAPANのシールが貼ってあります。

これも復刻ですが、既に25年を超えて
30年近くなってもメンテナンスの御蔭で綺麗に保っています。

販売方法も基本は裸に紙タグがゴムひもで
付いていました。
デザインは上のモノが殆どで、89.90年には
単色のタグがありました。

また一部、袋入りヘッダーが付けられたり
91年の最後にはセット売り販売もされていますけども
当時の普通の玩具店では販売されず
大きな玩具店やマニア向け玩具に力を入れている
店舗のみで売られていました。

ウルトラマン生誕25周年記念ソフビリスト

反重力宇宙人ゴドラ星人

身長:2 – 52メートル
体重:120キログラム – 4万5000トン  
出身地:ゴドラ星

●武器
ゴドラガン

人間体ゴドラ星人:水上竜子
声:小林恭治

スーツアクター 西京利彦
デザイン・成田 亨
造型 高山良作

■ゴドラ星人・バリエーション

マルサン

ゴドラ星人(イエロー・黒吹き 1967年 350円

ゴドラ星人(ライトブルー吹き 1967.1968年 350円

ゴドラ星人(濃オレンジ・黒吹き 1968年 350円

ブルマァク

ゴドラ星人(濃オレンジ・黒吹き 1969年 350円

バンダイ

ゴドラ星人(ホワイト)・黒吹き 1990年 2500円*M78

ゴドラ星人(ホワイト)・黒吹き 1991年 2500円

ゴドラ星人(ライトブルー吹き 2001年 4800円

ゴドラ星人(ブラック白・銀・吹き 2014年 6480円 限定

ゴドラ星人(ライトブルー吹き 2015年 16200円*福袋セット

■メーカー・バンダイ  元・マルサン(マルザン)
■発売・Sales Year 復刻・1991年 元・1967年
■当時価格 2500円
■登場作品 ウルトラセブン(1967年)
■製品仕様 全長サイズ 約23㎝ 

ウルトラセブン
CCP 1/6特撮シリーズ彩色済み完成品
ASIN: B07PN4K5GB
詳しく見る。