ダイヤペット・シルビアS13【312】

ntroduction of Japanese toys
SILVIA(S13) NISSAN

ホビービルドプラス宇宙九太です。

今回の玩具レビュー312は、ヨネザワ
1988年に発売したダイヤペットSV-05
ニッサン・シルビアKsツインカムターボのレビューです。

ダイヤペットとアガツマ

ダイヤペットは、大盛屋が販売していたミニカー
金型米澤玩具(ヨネザワ)が引き継いで
ダイヤペットと言うブランド名にして販売します。

1994年5月ヨネザワの玩具セガ(SEGA)買収
セガトイズからダイヤペット発売されるようになります。

2000年3月 ダイヤペットの販売権はアガツマ
譲渡し、ミニカー事業からセガ撤退した為
現在20年間は、アガツマダイヤペットブランドメーカーです。

その為ミニカー好きの人でも、ダイヤペット
知って居ても、アガツマは知らない人が
多いくらいで、小さい子供の居る(育てた)
方には、アガツマアンパンマンの玩具
メーカーとして有名で、8割アンパンマン
玩具
なので、そういうイメージなのは仕方ないのですが(^^:

多い誤解としては、トミカ大きいサイズ
ブランド名ダイヤペットと思っている方も
いるくらいで、メーカー名よりもブランド名
有名なブランドで、かなり日本では変わった
メジャーミニカーブランドです。

■S13シルビア

日産シルビア1代目は、今見ても綺麗な
デザインで定評がありますが、サニーの2台
高額なクルマだった事から554台のみの
幻の高級量産車でした。

2代目は、本当の量産車としてサニーの少し
上に位置する存在で、トヨタセリカライバル
にしていましたが、月2,000台ほどしか売れず
不振でしたが、デザイン的には1、2代目
今でも人気があります。

3、4代目は性能を向上させ、ラリーレース
成績を残し海外でも販売され、台数は売れ
ますが、デザイン的にはセリカに似ていると
評価から人気は…もう1つでした。

その歴史の中での5代目シルビアは、当時の
人気車ホンダ・プレリュードを抜く人気で
歴代NO.1の販売台数を記録し、

アートフォース・シルビアと言うコピーと共に
グッドデザイン大賞を受賞し、’88~89年niha
日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞
します。

それらも話題に成り、女性にも人気な上に
当時トヨタのAE86の後輪駆動FRからレビン・トレノ
FFAE92に移行していた事から、希少なFR車
として、シルビアモータースポーツ
スポーツカーファンにも売れ約30万台を販売します。

兄弟車の180SXも売れ、マニアが製作した
シルビアと180SXのパーツを融合した
通称シルエイティが、日産からも発売されるなど
逆のパターンのワンビアなども存在するなど
人気が拡大したのと、S13シルビア販売終了後
180SX(240SX)が発売され続けた事から
部品が長く存在すると言う、変わった状態で
シルビア歴史の金字塔となったのが5代目のS13型です。

シルビアをサイドから観ると
全体のフォルムの再現は流石です。

フロントタイヤの上が操舵する分
リヤよりも隙間があったり
ドアノブが、ドアパネルとフラット
形状などが再現されています。

勿論、ダイヤペットなのでドアミラー
トミカサイズと異なりシッカリダイキャストであります。

シルビアをななめ後から見ると
赤箱のダイヤペット(G-10)
シルビアは、リアスポイラー
何故か?同系色のボディでも
ブラックで販売されていて違和感
でしたが、SV-05で修正されて同系色
リアスポイラーになっています。

G-10 1200円
SV-05 1400円

シルビアを後から見ると
ブレーキランプクリアパーツ
別パーツなのは、流石ですけども
ウインカーバックライトなどは
まだ時代的にも、再現されていません。

実車としては、スポイラー部分
のセンターにハイマウントストップ
ランプがある事や、トラックキーの
隠しエンブレム
などが存在するので
ややシンプルな後ろ姿になっています。

シルビアを前から見ると、ヘッド
ライトの横ライン
がクリアパーツ
なのは、当時としては流石ですけども

今見ると、センター部分との差異が
もう少し欲しいところですし
グレー部分ウインカーにも色が
欲しいところですけども、室内の
ルームミラーなどは、ダイヤペットらしいです。

ダイヤペットの特調で、開く箇所は
なるべく開く
ように作られている事で
ボンネットも開き、エンジン
メッキパーツで搭載されています。

形状やタイヤハウスの内側は・・・
サイズ的に、それなりですけども(^^:

トランクも、勿論開閉します。
開閉角度は、実車よりも少し狭いのは
構造的にしかたのない分部です。


シルビア真下から観ると

Yonezawa
1988 Diapit

NISSAN SILVIA K.s

MADE IN JAPANの文字が刻印されています。

アンダーボディは、前後のプラスンネジ
留められています。

ダイヤペットの箱は、赤箱共に前側と上部の
前側
透明で、ミニカー自体が見える箱で販売されていました。

32年以上経っていますが
かんたんなメンテナンスの御蔭で
シルビアS13元気綺麗です。

■日産シルビア(S30型)スペック

5代目 S13/KS13型

販売期間 1988年 ~ 1993年

乗車定員 4人 

ボディタイプ

2ドアクーペ
2ドアコンバーチブル

エンジン
CA18DE 直4 1.8L NA タイミングベルト
CA18DET 直4 1.8L ターボ
SR20DE 直4 2.0L NA
SR20DET 直4 2.0L ターボ

駆動方式 FR

最高出力
135PS/6,400rpm(CA18DE)
175PS/6,400rpm(CA18DET)
140PS/6,400rpm(SR20DE)
205PS/6,000rpm(SR20DET)

最大トルク
16.2kgf·m/5,200rpm(CA18DE)
23.0kgf·m/4,000rpm(CA18DET)
18.2kgf·m/4,800rpm(SR20DE)
28.0kgf·m/4,000rpm(SR20DET)

変速機 4速AT/5速MT

サスペンション
前:ストラットコイル
後:マルチリンクコイル

全長 4,470mm
全幅 1,690mm
全高 1,290mm
ホイールベース 2,475mm
車両重量 1,120kg

ブレーキ
前:ベンチレーテッドディスク
後:ディスク

■メーカー・MAKER 株式会社セガトイズSEGA TOYS CO., LTD.
■発売・Sales Year 1988年
■当時価格   1400円 SV-05
■製品仕様  全長サイズ約11cm×4.3cm

ダイヤペットスカイラインGT-R
パトカー DK-3101 1/43
アガツマ(AGATSUMA)
詳しく見る。