アボラス・ウルトラ怪獣ソフビ【376】

Introduction of Japanese toys
ABOLAS(Ultra man)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー376は、ウルトラマン
第19話「悪魔はふたたび」
登場する青色発泡怪獣アボラスのソフビ
B-CLUB(復刻版)のレビューです。

 ウルトラマン 1966年7月17日~1967年4月9日
 TBS系で放送された円谷プロ製作空想特撮シリーズです。

 放送当時はウルトラQシリーズの中のウルトラマン
 として放送された為に、オープニングではウルトラQ
 文字が回転して、その中からウルトラマンという
 文字が出て来るタイトルが残ります。

 怪獣ブームを巻き起こし、最高視聴率42.8%を記録
 50年以上前の子供番組ですが、今でも知らない人は
 居ないと言う程の日本を代表するメジャーキャラで番組です。

 

勝ち抜きトーナメント頭部のひみつ!

ウルトラマンウルトラセブン
東京美術センターと言う本来は
東宝の美術作業場としていた場所に
出来た美術系施設に内にある小さな
スタジオ
で撮影した為に、東宝
ゴジラシリーズのように、3体以上の
怪獣(キャラ)を、同時に撮影する
スぺースがありませんでした。

集団の大人数で写真を撮る時に
カメラマンが下がって行って、全員を
入れようと距離を取るのと同じで
被写体(怪獣)と背景(空などホリゾント)
と、カメラとの距離が確保しにくかったので
ウルトラマンと戦う怪獣は、必ず1体のみとされていました。

また、当時のテレビ画面4:3
比率で、今のようにワイドでは無く
ブラウン管も小さいモノが主流なので
怪獣ウルトラマンが小さく映る事を
出来るだけ避ける為にも、1対1の対決
ルールにしていた事から、アボラス
バニラに勝ってから、ウルトラマンとの対決に挑んでいます。

アボラスを前から観ると、当時は
怪獣を商品化するのに、特撮の撮影後に
写真を撮らせてもらっていた時期なので
かなりくたびれた状態のアボラス
参考に造形してしまっています。

その後、特撮の撮影前に撮らせて貰える
ようになるので、ある意味希少な時期
造型ソフビともいえます(^^:

アボラスは、レッドキングの改造なので
レッドキングの頭部が小さい特調の逆に
する事で、成田さんがイメージを離そうと
している為に、かなり頭の大きな怪獣
大きな角を持たせています。

ですが、ソフビの頭部の大きさは
あまり大きくなく、もあまり大きく無い状態になっています。

撮影後を参考にした跡が、最も大きく
出ているのが、左右が・・・あまりに
違うので、右目普通ですが左目
真上を向いています。
左側は、ウルトラマンの戦いの影響大きく受けているのが解ります。

レッドキング・ウルトラ怪獣ソフビ【153】

アボラスをサイドから見ると
首(胸部分の関着)から下は
レッドキングと同じです。

逆に言うと、首(胸部分の関着)から
上は、アゴの下まで同じですが
そこはパーツ単位で造り替えられています。

アボラスを後ろから見ると
首(胸部分の関着)から下は
レッドキングと同じです。

因みにレッドキングアボラス
ソフビは背中のセンターがV字に凹んで
いますけども、どちらも(同じなので)
スーツには背中のセンターにV字の凹みはありません。

ですが、後頭部の部分スーツに忠実に
造型されているので、アボラスの時に
レッドキングの背中が間違っていた事
解かったと思われます。

アボラスの腕の付根と、首?(肩)と
足の付根が可動します。

残念ながら尻尾固定です。

アボラス足の裏(下)には
左足に凹モールドで(C)円谷プロ
1966と入って居ます。

左足にはブルマァクの刻印があり
その下に横文字でPOPY(ポピー)
と黒でプリントされています。

バンダイの文字はプリントされていません。

復刻ですが18年経ってもメンテナンスの御蔭で
アボラス元気です。

アボラススタンダードソフビ

●マルサン

アボラス ビンク赤吹き 1966年 350円

●ブルマァク

アボラス、薄紫青銀吹 1969年 350円

●バンダイ(ポピー)

アボラス、青銀吹 2003年 4800円

アボラス、薄ピンク青吹 2013年 12000円セット売り限定

アボラス、ベージュピンク吹き 2017年 7560円*限定

アボラス、クリア、赤吹き 2018年 7000円*限定

アボラス、クリア、赤吹き 2019年 7560円*限定

青色発泡怪獣 アボラス

別名 青色発泡怪獣
身長 60m
体重 2万t
出身地 ミュー帝国

武器・溶解液(メルトバブル)

スーツアクター・中村晴吉、鈴木邦夫
*バニラとの2体同時登場シーンと1体のみで異なる。

デザイン・成田 亨
造型 高山良作

■メーカー・バンダイ(オリジナル・マルサン)
■発売元 ((株)バンダイ・ホームプロダクツ事業部
■発売・Sales Year 復刻・2003年 オリジナル1969年
■当時価格 4800円
■登場作品 ウルトラマン(1966年)
■製品仕様 全長サイズ 約22㎝ 

ウルトラマン最終決定版
AKITA特撮SELECTION (上)
コミックス
詳しく見る。

ああああ