ツインテール・ウルトラ怪獣シリーズ【168】

Introduction of Japanese toys
Twintail(Return of Ultraman)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー168は、帰ってきたウルトラマン
第5話「二大怪獣東京を襲撃」と
第6話「決戦!怪獣対マット」に登場する
古代怪獣ツインテールのB-CLUB(復刻版)レビューです。

帰ってきたウルトラマンは、1971年4月2日~1972年3月31日
TBS系で放送された円谷プロ製作の特撮番組です。

スペクトルマンと共に、第二次怪獣ブームを牽引し
長いウルトラマンシリーズの中で、最も多くの
ソフビを販売、ラインナップした番組で
売る怪獣が足りない為に、番組後半には1話に
新しい2体の怪獣(怪獣・宇宙人)を登場させると
言うソフビ販売サイドからスポンサーとして
要求が実現する程の大ブームになります。

エビか?ハサミムシか?ツインテールの子供

ツインテールは、ウルトラ怪獣
東宝怪獣に無い、まったく新しい形の
怪獣で、タッコングと並び本格的な恐竜タイプより人気がありました。

設定では、エビの味に似ているとされ
・・・見た目からの「味」ですが(^^:
グドンが食べる怪獣と言う設定から
怪獣の味が設定されるのも異例中の異例な怪獣でした。

ただ、当時の子供にはハサミムシに見えたので
この時期の子供には、ツインテール
子供として、公園や神社仏閣の境内などで
ハサミムシが捕獲される事になります。

・・・勿論、育ってもツインテールには、ならないのですが(^^:

ツインテールを前から観ると・・・超ド派手です!

オリジナルは、成型色が
黄色か、明オレンジ
グリーンシルバーが吹かれていただけですが

復刻版は、赤の成型色
同じくグリーンシルバー
メタリックブルーを1色プラスし
間に成型色のを残す事で
実際の色数よりも多く見える吹き塗装でグラデになっています。

顔も、目とクチの歯がシルバー
目玉ブラックが、手書きで入って居ます。

サイドから見ると、やや斜め後方に
傾斜していて、頭部が少し持ち上がっています。

この頭部の持ちあがりが
後のソフビと異なり、ツインテール生命感を出している秀逸な1品です。

後ろから見ると、トゲトゲ
突起が、尖りすぎない形で多数造型され
メタリックブルーが吹かれていて、整形色が残っていて効果的です。

TOPにありますが・・・
ツインテールの尻尾は、2つとも
元の部分から360度回転します。

この尻尾を、ハサミだと思い
ハサミ虫は、被害を受けます…(^^:

もう1箇所、ツインテールの・・・
「首」?も、一応、回せば関着としても可動します。

ただ、作中見せない体制になるので
なんか・・・違和感でしかありませんが
面白いポーズがとれますけども・・・微妙です(^^:

*足の裏(下)には、右側に凹モールドで
ブルマァクの刻印があり、

左側にはバンダイの文字が入って居て
ツインテールの文字が刻まれています。

オリジナルも、バンダイの文字が無いだけで同じです。

*本来のツインテールのスーツには足が2つ在る部分です。

古代怪獣ツインテール

身長:45メートル 
体重:1万5,000トン

出身地 新宿西口(地下)ビル工事現

●武器

尾の先にある2本の鞭
トゲ・強力な麻酔

地底怪獣グドンの捕食対象怪獣

スーツアクター 森平
デザイン・池谷仙克
造型 高山良策

■ツインテール カラ―バリエーション

ツインテール 明オレンジ 350円 1971年

ツインテール 濃イエロー 350円 1975年1797 

ツインテール 赤 4800円 1998年

1917 ツインテール  ピンク 4800円  1999年

ツインテール 蓄光版 4800円 2002年

ツインテール 緑 6300円 2012年

ツインテール 水色 6000円 1998年*イベント

*他、限定セット売りなどがあります。

■メーカー・バンダイ(オリジナル・ブルマァク)
■発売元 (株)バンダイ・ホームプロダクツ事業部
■発売・Sales Year 復刻・1998年4月  NO.1797 元・1971年  
■当時価格 4.800円
■登場作品 帰ってきたウルトラマン(1971年)
■製品仕様 全長サイズ 約22㎝ 

ツインテール
BANDAI バンダイ
塗装済み可動フィギュア
S.H.フィギュアーツ
詳しく見る。