ロボプー ポピー超合金(ロボコン)【89】

オナラのギミックを持った超合金!

Introduction of Japanese toys
ROBOPOO(Robocon)

玩具レビュー88は、1975年に発売
されたポピーの超合金ロボプーGA-22です。
ロボプーは、がんばれ!!ロボコンに登場
する二期生の焼きいも売りロボットです。


ロボプーは、ロボコンの仲間にはロボドロ
ロボパー、ロボワルロボガキなどの
何の役に立つのか、不明なロボットも多い中
ハッキリと職業を持ってる逆に変わった種類
のロボットで、まんま焼き芋屋さんです。

1975年時には、まだ屋台のラーメンおでん
リヤカーを改造して商売してる方が多く街に
居た時代で、子供にも親しみやすい種類で
おならという子供には、鉄板ネタのギミック
を持っているキャラクターでした。


超合金ロボプーはプラ製ですが、後ろに
焼き芋のリヤカーが、他のキャラと同じ価格
1300円なのに付属していた事は、玩具と
しての御得感が在り、テレビの人気は少し
弱くても、超合金では売れる存在でした。

リヤカーは、ロボプーの手に空いた
グリップを差し込む形で、合体・分離します。

リヤカーの車輪も、綺麗にメッキ塗装されて
いて、テレビよりも清潔な仕上がりです。

リヤカーの蓋を開けると、付属のイモを中に
入れられますが、全部入れると…少し蓋が
持ち上がった感じになります。


前から観ると、頭部はまんまヤカンです。
焼き芋に、お茶が定番かは?解りませんが
鼻?クチのヤカンからお茶を注いでくれます。

後ろから観ると、ロボプーのエプロンが
フォック1つで留まってるのが解ります。
ロボプーは、他の仲間と違い首から下は全部
服や手袋、長靴なので、ロボットらしい部分
は、無く青い部分もテレビでは青い服です。

刻印は背中の肩クチから、オシリに在り
オシリの下には、ネジ穴が意図的か?見える
のは、子供にはテレビで見せる赤い風船
膨らみ破裂する(黄色い粉が舞う)オナラの
アクションを連想させます。


真下から観ると、かかとに金属のコマ
着いていて、リヤカーと結合すると歩くのと
違うのですが、全体的にスライドするように
走らせる事が出来ました。

腹の中に隠したオナラギミック!

エプロンを外すと、お腹に黄色いボタン
見えますが、エプロンの上から押すと
「プ~~!」と書きたいですが「ピッ!」
言う音がします。オナラを音として装備した
ギミックが着いていました。

箱は、他の仲間よりもリアカーの分大きくて
それだけでも、御得感がありました。
写真のロボプーは、例のごとく試作品なので
青い服の部分青塗装ですが、完成品の塗装
メタリックブルーの方が、ロボット感や
超合金の感じが出て居て正解だと思います。

エプロンも、まだ襟元が大きく露出しています。
右側には、リヤカーを引くフルショットの写真
が追加されているのも、ロボプー独特です。

■メーカー ポピー(バンダイ)NO.GA-22
■発売   1974年
■当時価格 1300円
■登場作品 がんばれ!!ロボコン
■製品仕様 ダイキャスト 全長サイズ約11.5cm

●超合金GAラインナップリストへ

/*Googleアドセンス*/