トミカ・デ・トマソ・パンテーラ【338】

ntroduction of Japanese toys
De Tomaso Pantera(TOMICA)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

今回の玩具レビュー338は、トミー
1998年に発売した、セット売りのトミカ
デ・トマソ・パンテーラのレビューです。

■スーパーカーセット

1997年に発売されたスーパーカーセット
売れた為に、スーパーカーセット2
翌年発売になり、最も話題になった1台
クルマが、デ・トマソ・パンテーラ
ブラックボディゴールドのライン文字
入ったトミカでした。

実際には、このカラーリング
デ・トマソ・パンテーラGTSには無く
デ・トマソ・パンテーラGT4にありますが
GT4は基本的には、グループ4レース用
レース仕様であるGT4がし1974年に計6台だけ
販売されていますけども、ボディ形状は
GTSとは異なりますので、夢のスーパーカー
かもしれません。

ハイパフォーマンス・パンテーラGTS

1971年に出たパンテーラの性能を1973年
UPしたハイパフォーマンスモデルGTSです。

同じGTSでもアメリカ仕様ヨーロッパ仕様
存在します。
ヨーロッパ仕様は、エンジン圧縮比が上げられ
出力も350馬力トルク50kg-mに引き上げられ
たバージョンで、最高速度290km/hとされていました。

ボディカラーペイントデザインが変更され
た事から、その前のパンテーラGTS使用の
塗装に変更され…GTS風パンテーラが増えました。

日本に入って来たパンテーラも、ノーマルエンジン
*GTSルックにしたアメリカ仕様が殆どでした。

*ボンネットがブラックでサイドの下も
ブラックで文字が入る。

デ・トマソ・パンテーラをサイドから
見ると、GTSのボディにリアウイング
装着され、サイドの下にPANTEREの文字が
*ゴールドの抜き文字で入っています。
*実際にはホワイトで文字も小さいものが多くトミカ用。

フロントフェンダーにあるサイドウインカー
にもオレンジが入っているのも当時は
画期的なトミカで、後のプレミアムに繋がります。

デ・トマソ・パンテーラをななめ後から
見ると、大きなリアウイングが、トミカ
サイズでも迫力を感じます。

ドア上から後方に伸びるゴールド
細いラインが効いています。

デ・トマソ・パンテーラトミカ
ドアが開かない替わりに、後方の
ハッチが開きます。

ロータス・ヨーロッパとは異なり
ダイキャストのベースに、樹脂製
ウイングのパーツが裏からカシメ
留めてあります。

一応中にエンジンメカ類がモールド
されていますが、なので・・・
写真では…サイズ的にも難しい感じです(^^:

トミカ・ロータスヨーロッパ【160】


デ・トマソ・パンテーラを真後ろから
見ると、大きなリアウイングは、真後でも
厚みがあります。

ブレーキランプが入っているのも
トミカとしては、贅沢な使用です。

デ・トマソ・パンテーラの真下は黒い樹脂製

tomica 

NO.10 (C)1998  TOMY

S=1/61 MEDE IN CHINA

DETOMASO PANTERA GTS

と入っています。

デ・トマソ・パンテーラを前から見ると
ゴールドのラインが、フェンダーの
外側から、リトラクタブルヘッドライト
に廻りこんでいて、ボンネットに四角く
入っていて、プレミアム的な贅沢な出来をしています。

23年以上経っていますが
かんたんなメンテナンスの御蔭で
デトマソパンテーラGTS元気綺麗です。

■トミカ★スーパーカーセット2

デトマソパンテーラGTS

フェラーリ308GTB

ランチアストラトスHF

ランボルギーニカウンタックLP500

■デ・トマソ・パンテーラ 実車データ*市販車

1971年 – 1992年

デザイン
カロッツェリア・ギアのトム・ジャーダ
Marcello Gandini (Pantera SI)

乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドア クーペ

エンジン
5.8L Ford Cleveland V8

GTS 出力も350馬力、トルク50kg-m

GTS 公称最高速度290km/h

駆動方式
ミッドシップ

変速機 5速MT

全長 4,013mm, 4,270mm
全幅 1,830mm, 1,970mm
全高 1,100mm
ホイールベース 2,515mm

生産台数 7,260台

■製造メーカー・MAKER 株式会社トミー
■発売・Sales Year  1998年
■当時価格  1440円(税抜)*4台セット
■製品仕様  全長サイズ約7cm×3cm  1:59スケール(約)

デ・トマソ パンテーラ GT4
レッド/ブラック 完成品
京商オリジナル 1/18  詳しく見る。