バットマン・ソフビ(ツクダ)【245】

Introduction of Japanese toys
BATMAN  (TSUKUDA HOBBY)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー245は、1992年
ツクダホビーが販売した
ソフビ製組立てキットのバットマンのレビューです。

ティム・バートンのバットマン

バットマン 1989年
バットマン リターンズ 1992年

バットマンは、スーパーマンと同じ
アメリカのDCコミックに、1939年から
登場したヒーローで、特に超人的な能力は無く

人間、ブルース・ウェインが格闘技や
特殊スーツや道具で、戦うヒーローで
最高・最強の探偵とも言われます。

そのバットマンを、ティム・バートン
1989年に実写で映画化した2作は
今でも多くのファンに一目置かれた存在です。

映画では、マイケル・キートン
演じていて、それまではバットマン
カラ―は紺色グレーのスーツでしたが

ティム・バートンは、略真っ黒
スーツに、バットモービル
真っ黒と言う、ブラックに統一させた事から、新たな大人のファンも拡大させました。

ツクダホビーの2体のバットマン

オセロゲーム大ヒットで有名な
ツクダが、設定したホビーの子会社
2003年倒産し、事業は株式会社ツクダに吸収されました。

今回のバットマン、1992年
バットマン リターンズバットマンです。

なぜ1作目のでは無いのか?と
思う方も居ると思いますが…
1989年バットマンは、左手だけ
何故か「く」の字に曲がったポーズで
両肩がパットを入れたようにイカツく
あまり人気が無く(^^:

固定ポーズバットマンとしては
リターンズの方が、遥かに良いからです。

また当時は、海外モノ可動フィギュア
造型的には、イマイチ…イマニくらいで(^^:
飾って置くフィギュアとしては
当時は、もっともベストなモノでした。

その為、1作目は定価以下ですが
2作目のこのキットは、定価の2~3倍
プレミアになっています。

バットマンを前から観ると
スタンダードな立ち姿を再現しているポーズです。

一応、キットなのですが
少しの*バリをカットして
ハメ込むだけで、形状的には
完成しますので、難しくは無く
カットしたバリの部分

ハメ込んでしまうに位置
したりするので、カット部分の
も、ブーツの中などに
入って見えないので、気にする事も
無いので、べースの成型色の
ブラック
を生かしても、問題ありません。

写真のバットマンブラック分部は未塗装です。

*バリ・余分な成型部分。
ドライヤーで温めてカッターで切れます。

目(の中)、口周辺、胸マーク(黄色)
ベルトは塗装しています。

バットマンの1作目とリターンズ
スーツは、略同じなのですが
この腹部が異なっています。

好みですが、個人的には
バットマンは、ハルクでは
無いので、1作目のはマッチョ過ぎると思います(^^:

バットマンをサイドから見ると
姿勢も良く、マントのシワ
流れなどもベストな形状です。

マスクの角のような先端
1作目のは、曲がっている事が
多かったのですが、リターンズ
まったく問題無くを保っています。

バットマントを後から見ると
肩の形状も、マイケル・キートン
バットマンらしく、マントとの
*境も上手く素材の質感違いまで出せています。

*このキットも、マスク部分と
マントが別パーツで結合ポイントになっています。

バットマンの足の裏(下)には、右足に
凹モールドでTSUKUDA HOBBY
文字が刻まれています。

左足には TM&O、1992
DC COMICS INC.
の文字が入っています。

バットマン

本名・ブルース・ウェイン (Bruce Wayne)
ウェイン・エンタープライズのオーナー

秘密基地バットケイブ、ウェインマナーの地下

●ビークル

バットモービル

バットウイング
バットスキーボート

■メーカー・ツクダホビー (TSUKUDA HOBBY)
発売元・株式会社タカラ、販売元・株式会社ツクダホビー

■発売・Sales Year 1992年  
■当時価格 4500円
■登場作品 バットマン・リターンズシリーズ
■スケール1/6
■製品仕様 全長サイズ 約30.5㎝ 

バットマン
PVC塗装済みアクションフィギュア
スクウェア・エニックス(SQUARE ENIX)
詳しく見る。