トミカ・三菱ランサー・ターボ【295】

ntroduction of Japanese toys
Mitsubishi LANCER・turbo(TOMICA)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

今回の玩具レビュー295は、トミー
1983年に発売した三菱ランサーターボ
をベースにした、アドバン・ランサーターボのレビューです。


■ランタボ・フィンランドの栄光

WRCフィンランド、通称1000湖ラリー
と呼ばれる選手権で、三菱のランサー
ターボ
*NO.7号車3位表彰台
あがる、当時の快挙を達成しました。

*ドライバーペンティ・アイリッカラ
コ・ドライバーユハ・ピロネン

この成績で、一目置かれる事に
なった国産車が、ランタボです。

ランエボの間違いでは無く…
ランエボの先祖です。

■ランタボの本当の名前?

ランタボの本当の名前は・・・
意外にも、クルマ好きでも知らなかったりします。

本当は三菱ランサーEXなのですが
ランサーEXは、1979年から発売された
2代目で、1981年5月マイナーチェンジ
した半年後、1981年11月G62型ターボエンジン
が追加されたモデルを、ランタボ
言うようになります。

厳密には、1000湖ラリー3位
なったのは

LANCER EX 2000 TURBO(A175A)
ランサーEX 2000ターボ・ラリーカー

正式な名前で、このクルマは
WRC電子制御燃料噴射装置
初めて搭載したクルマとしても
世界的・ラリー歴的には知られています。

当時の日本からのWRC参戦
トヨタ、日産、三菱で、
トヨタはAE86からセリカへの移行期
日産は三代目のシルビア
海外では240RSと言ったモデルを
ベースに戦い、三菱ランタボ参戦していました。

*RACラリーは、英語圏と言う事や
参加しやすい場所である事からも
日本人選手の参加も、当時あり
注目され、アドバンチーム82年から
参戦していて、84年には総合18位
グループAの3位A8クラスでは2位
入賞した事から、84年のモデルは
玩具・模型メーカーからも発売されました。

その時の盛り上がりから箱絵
変りませんが、中の塗装はアドバン
カラー
トミカが、少し数を抑えて
発売されました。

今では、状態が良ければ1~1.5万円の
プレミアになっています。

ランタボをサイドから見ると
大人の事情だと思いますが・・・
WRCアドバンカラ―
塗り分けでが無いのが、少し残念です。

ゼッケンも赤の抜きで「1」と言う
子供玩具的なNOになっています。

ランタボは、4ドアですがトミカ
なので前側だけが開きます。

フロントのシルバーメタリック
フォグランプが、前に出た立体度
この角度から見るとよく解ります。

ランタボをななめ後から見ると
車体のボリューム感は、良い感じ
ですけども、シャープな感じ
少ない印象です。

マフラーは、シッカリ造形されて
いるのが解るアングルです。

ランタボを真後ろから見ると
またブレーキランプ類も、全部
ブラックなので、物足りない
印象を受けますが、当時は
アドバンパターンが入っている
だけでも、豪華な印象でした。

ランタボの真下は黒い樹脂製

tomica

NO.38  S= 1/60

(C) TOMY

JAPAN

MITSUBISHI LANCER

と入っています。

ランタボを前から見ると
前に追加されているフォグライト
4灯が再現されているのが解ります。

当時の市販されたランタボ
乗って居る方の多くが、使うか
どうかは別にしても、この追加
フォグライトを着けていました。

ただ、やはりアドバンのレッド
内装の赤くらい明るいと、更に
良かったとは思いますが・・・
当時の塗装技術と手間から考えて
価格的にも無理だったのは解ります。

ランタボの箱は、1000湖ラリー
カラーのままでした。

36年以上経っていますが
かんたんなメンテナンスの御蔭で
ランタボ元気です。

■ランサーターボ ラインナップ

ランサーターボ(1000湖カラー)NO.38 1983年

ランサーターボ(黄緑)NO.38 1983年

ランサーターボ(ホワイト)NO.38 1983年

ランサーターボ(アドバン)NO.38 1984年

ランサーターボ(パトカー)限定青白箱

ランサーターボ(イエロー)限定 NO.19

ランサーターボ(1000湖カラー)ミュージアム限定 NO.M-21

ランサーターボ(アドバン)限定*白べースADVAN文字

ランサーターボ(オレンジ)限定・白模様

ランサーターボ(ブルー)限定・白模様

他・ミニカーショップなど限定多数

■ランサーターボ 実車データ*市販車

販売期間 1979年3月 ~ 1987年10月
デザイン アルド・セッサーノ
乗車定員 5人

ボディタイプ 4ドアノッチバックセダン

エンジン
4G63型 直4 SOHC 2.0L
G62B型 直4 SOHC 1.8L
G32B型 直4 SOHC 1.6L
G12B型 直4 SOHC 1.4L
G11B型 直4 SOHC 1.2L

駆動方式 FR
変速機 4速MT/5速MT/3速AT

サスペンション
前:マクファーソンストラット
後:4リンク式コイル

全長 4,320mm
全幅 1,620mm
全高 1,425mm
ホイールベース 2,440mm

車両重量 955kg
生産台数 31万3071台

■製造メーカー・MAKER 株式会社トミー
■発売・Sales Year  1984年 NO.38(-4-3) 黒箱・日本製
■当時価格  320円
■製品仕様  全長サイズ約7cm×3cm  1:60スケール(約)

三菱 ランサーターボ 1984
RACラリー仕様 1/24
青島文化教材社
詳しく見る。