チョロQ・サバンナRX-3【106】

チョロQサバンナRX-3の魅力!

ホビービルドプラス宇宙九太です。

今回の玩具レビュー106は、タカラトミーの
チョロQ「マツダのサバンナRX-3」です。

チョロQとは、タカラのディフォルメした
クルマが、プルバック動力で走るミニカーです。

*主にクルマですがクルマ以外のモノもトミカ同様に少数ですが商品化していました。

チョロQはタカラ(タカラトミー)で販売されていた
シリーズの展開を、残念ながら2009年で販売終了しました。

その後は、外観はチョロQに近いリモコン付きの玩具が
チョロQZeroとして関連会社のトミーテックから販売されています。

 サバンナRX-3とは


サバンナRX-3は、少し変わった名前?を
持ったクルマで、発売当初はサバンナと言う
名前のクルマでした。

そのサバンナの輸出名がRX-3でしたが
後に、後継にサバンナRX-7が発売され
その後に、アンフィニRX-7が発売された為

RX-7の区別の為に、サバンナを付けたり
する事が増えたので
サバンナでは無く、RX-3と呼ばれる事の方が
多くなっていったクルマです。

サバンナRX-3は、マツダのエンジンとしては第5弾の
ロータリーエンジン搭載車で、スカイラインGT-R
50連勝記録止めた事で、有名になった名車です。

横から見ると、クーペのリアピラーやフェンダー
辺りが、RX-3の実車をよく再現しています。
ホイールは、RX-3ぽくは無いのですが
5本スポークのメタリック塗装のやや豪華なタイプの
ホイールが4本装着されています。
見た目的には、RX-8に合いそうなホイールです(^^:

斜め後ろから見ると、リアウインドサイドに在る
ジャバラのダクトも再現されていて、よ~く見ると
リアの小窓後方に、GTの文字が入っている部分も
として表現してあります。

後ろから見ると、このRX-3で一番驚く部分は
ブレーキランプの赤とその周辺にメタリックグレー
の2色が豪華に使われていて、成型色のまま
なにも色が入っていない、 チョロQからすると
メタリックなのもあり、とても豪華に見えます。

欲を言えば、ブレーキランプのメタリックグレー
部分のパーツが角が、横側まで…もう少し
廻り込んでると完璧でした・・・(^^:

フロントから見ると、サバンナRX-3ぽいのですが
黒白と銀だけなので、リアよりシンプルに見えて
しまいます。
玩具的には、丁寧にダクトに黒、ダクトの中の
エンブレムをにしているのが解ります。

裏から見ると、クリアブラックでスタンダードな
チョロQですが、ホイールは全体にメッキ塗装してる
のが、内側の軸廻りを見ると解ります。

 ●サバンナRX-3チョロQは他にも

こだわり仕上げのイエロー、パトカータイプ
ノスタルジックレーシング(白の青ライン)

ノスタルジックスポーツカーに赤(34)と
カーキイエロー、
赤ボディ黒TOPのタイプなどが出ていました。

最もイメージに在るモスグリーンは発売されていません

マツダ・サバンナ RX-3

販売期間 1971年~1978年
乗車定員 5人
ボディタイプ 2ドアクーペ
駆動方式 FR
全長 4,065mm
全幅 1,595mm
全高 1,335mm
ホイールベース 2,310mm
車両重量 885kg
5速マニュアルミッション(GT)

エンジン・水冷直列2ロータリー12A573cc×2
最高出力:120PS / 6500rpm ( gross )
最大トルク:16.0kgm / 3500rpm ( gross )

12A 120PS/6500rpm 16.0kgm/3500prm

最高速度 190km/h

■メーカー・MAKER タカラ・トミー
■発売・Sales Year  2003年 NO.88
■当時価格 367円(税込)
■製品仕様 全長サイズ約4.8cm

/*Googleアドセンス*/