チョロQ・日産シルビアS15【102】

ホビービルドプラスの宇宙九太です。

今回の玩具レビュー102は、タカラトミーの
チョロQ「日産シルビアS15です。

チョロQとは、タカラのディフォルメした
クルマが、プルバック動力で走るミニカーです。
*主にクルマですがクルマ以外のモノもトミカ同様に少数ですが商品化していました。

チョロQはタカラ(タカラトミー)で販売されていた
シリーズの展開を、残念ながら2009年販売終了しました。

その後は、外観はチョロQに近いリモコン付きの玩具が
チョロQZeroとして関連会社のトミーテックから販売されています。

日産シルビアS15は、通称エス、イチゴ―
言われる、シルビアの7代目モデル
サイズが大きくなってしまった6代目のS14から
5ナンバーサイズに戻して人気を得た
FRモデルの最終型で、シルビアとしては
2002年の生産を最後に途絶えています。

その後も、ドリフト車のベースとして
希少なFR車として人気で、中古価格も
普通のクルマのようには下がらない人気車種です。

今回は、チョロQが2001年に発売した
箱入り販売のシルビアS15です。

横から見ると、おにぎりのようなサイド窓
可愛いですが、リアフェンダー上のエッジ
見事に再現されています。
ホイールは、カルソニックスカイライン
同じ5本スポークのクロムシルバーを採用しています。

斜め後方から見ると、ブレーキランプ
赤と形状が目立ち、そのからのリアフェンダーの
エッジが前傾斜で前方に伸びているのが
S15のボディをディフォルメしながらも
よく表現できています。

後方から見ると、コインを挟むリアプレートは
ブラックにイナズマのシルビアのマーク
No.53が入っていて引き締められて見えます。

フロントから見ると、やや窓が高いチョロQ
特徴がS15的には、似てない感じに見えて
しまうポイントです。
ですが、思い切ったライトユニット
ブラックの光沢で塗って表現しているのは
銀色のボディカラーだからかもしれませんが
もはや天才的なディフォルメ術と言うくらい
S15を確実に表現しています。

そのライトを光沢ブラックにする為か?
S15シルビアの窓は、少し他より薄い
クリアブラックが採用されています。

裏から見ると、クリアブラックボディに
銀を塗装しているのが解ります。
つまりボディカラーの整形色が=
ボディカラーのクルマとは異なる
少しコストの掛かる方法を使用しています。

S15も「こだわり仕上げ」のNO.7としても
販売されましたが、ボディカラーは同じ
シルバーです。

2004年の D1 GRANDPRIXシリーズでは
圭オフィスカラーのグリーンのボディ
リアウイングが付いた、SPモデルも
製造されて、D1バージョンは他のチームも
数種発売されました。


日産シルビア 7代目 S15型 
(1999年1月 -~2002年8月)

NAモデル「spec.S」ターボモデル「spec.R」が
発売されました。

エンジン

spec.S 
SR20DE 直4 2.0L NA
160PS/6,400rpm(AT)
165PS/6,400rpm(MT)
spec.R 
SR20DET 直4 2.0L ターボ
225PS/6,000rpm(AT)
250PS/6,400rpm(MT)

■メーカー・MAKER タカラ・トミー
■発売・Sales Year  2001年 NO.53
■当時価格 367円(税込)
■製品仕様 全長サイズ約4.8cm

 
 
 

/*Googleアドセンス*/