チョロQ・トヨタカローラ27レビン【97】

ホビービルドプラスの宇宙九太です。

今回の玩具レビュー97は、タカラトミーの
チョロQチョロQ・トヨタカローラ27レビン」です。

チョロQとは、タカラのディフォルメした
クルマが、プルバック動力で走るミニカーです。

*主にクルマですがクルマ以外のモノもトミカ同様に少数ですが商品化していました。

チョロQはタカラ(タカラトミー)で販売されていた
シリーズの展開を、残念ながら2009年販売終了しました。

その後は、外観はチョロQに近いリモコン付きの玩具が
チョロQZeroとして関連会社のトミーテックから販売されています。

初代のトヨタカローラレビンで
27(にーなな)レビンと呼ばれる
今でもファンの多い小型車輌です。
後のAE86の先祖で、27はTE27が型番です。

オレンジに透明窓の箱型の吊り下げ式になった
パッケージで、2003年に発売されました。
ナンバーはNO.87になります。
*こだわり使用のブリスターバージョンは
オレンジのボディカラーで、ラリーバージョンが
白に赤ライン入りの27レビンも発売されました。

横から見るとボディと同色*オーバーフェンダー
の分部も、ダークグレイのホイールも
27レビンらしくマッチしています。
*オーバーフェンダー・タイヤの上の盛上がり部
ボディと同色(単色)のチョロQZも在ります。

斜め後方から見ると、ブレーキランプ
シールが、やや単調ですがリアウインドの感じは
実車ぽく再現されていて驚きます。

後方からは、コインなどのウエイトをハサミ込んで
ウイリー走行出来るパーツが、御約束で後方に在り
その後面にクルマ名のシールが貼られています。
この27レビンはオレンジと白で、No.87になって
います。・・・どうせなら86とか27に出来たらと
思ってしまいます。。。(^^:

正面からの27レビンはグリルの中のセンターに
エンブレムまで再現されています。
なので、この27レビンは後期型なのが解ります。
*前期はウインカーやエンブレムが異なる。

裏(下)には、お腹のセンターにシールが
貼られています。
「チョロQ」の文字が大きいスタンダードな
シールで、4角のプラスネジは勿論ダミーです。

■トヨタ・カローラレビン(TE27型)

27レビンは、1972年3月~1974年4月
トヨタから発売された、当時のセリカの2T-Gエンジン
カローラに搭載したタイプとしてレビンとして販売。
*1973年4月マイナーチェンジ。

スプリンタートレノも、外観の少し違う兄弟車種と
して初代から販売されました。

普通のカローラとの区別は、主にオーバーフェンダーで
したが、FRP金属製のオーバーフェンダーが存在します。

またエンジンも2T-GR型の通常のタイプと
ハイオク使用のタイプがあり、マイナーチェンジ後は
2T-B型 1.6L OHVエンジンが、通常ハイオクタイプ
用意されましたので、4タイプのエンジンが存在します。

エンジン

2T-G型 1.6L 直4 DOHC
2T-GR型 1.6L 直4 DOHC

2T-B型 1.6L 直4 OHV
2T-BR型 1.6L 直4 OHV

レビンは2000年に7代目で、消滅してしまいますが
当時北米ではカローラ・スポーツの名前で販売され
2018年、トヨタからカローラ・スポーツの名前での
スポーティなカローラが販売されました。

■メーカー・MAKER タカラ・トミー
■発売・Sales Year  2003年
■当時価格 367円(税込)
■製品仕様 全長サイズ約4.8cm

/*Googleアドセンス*/