チョロQ・日産フェアレディZ・240ZG【96】

チョロQS30Zの魅力!

ホビービルドプラス宇宙九太です。

今回の玩具レビュー96は、タカラトミー
チョロQ「日産フェアレディZ・240ZG」です。

チョロQとは、タカラのディフォルメした
クルマが、プルバック動力で走るミニカーです。

*主にクルマですがクルマ以外のモノもトミカ同様に少数ですが商品化していました。

チョロQはタカラ(タカラトミー)で販売されていた
シリーズの展開を、残念ながら2009年販売終了しました。

その後は、外観はチョロQに近いリモコン付きの玩具が
チョロQZeroとして関連会社のトミーテックから販売されています。

 フェアレディZのS30形とは

フェアレディZS30形(系)のZで
240(にーよんまる)と言われる人気のZです。

赤白に透明窓の箱型の吊り下げ式になった
パッケージで、2007年に発売されました。
ナンバーはNO.27になります。
*タカラ時代の朱箱時のナンバーはNO.34でした。

横から見ると解りやすいですが、特徴ある
Gノーズ長いボンネットを再現しているので
フロントウインドから後半が、けっこうキツ目の
ディフォルメになっています。

*Gノーズ・クルマの先端が空いてない空力バンパー

斜め後方から見ると、*オーバーフェンダーを
わざわざ別のカラーにしているのが、効いていて
タイヤにも迫力が在ります。
ピラーのZマークも銀色●が入れられています。
*オーバーフェンダー・タイヤの上の盛上がり部
ボディと同色(単色)のチョロQZも在ります。

後方からは、コインなどのウエイトをハサミ込んで
ウイリー走行出来るパーツが、御約束で後方に在り
その後面にクルマ名のシールが貼られています。
この240Zは赤白箱だからか?赤白の*シールです。
少し曲がってますが(^^: 初期は白黒のシール。
*このシールは幾つかのバリエーションが在ります。

Standard(スタンダード)と言うのは
プルバックの動力が、標準タイプを搭載していると
言う意味になります。

正面からの240Zは、ライトカバーのビスまで
再現しているのが解ります。

この240Zはボンネットが開閉出来ます。
中のエンジンルームにはL24型エンジン
シールが貼ってあります。
このシールもカラ―が幾つか存在していて
当初は左右のサスペンションマウント部分
カラ―をボディと同系色にしていたようです
けども、このシールは左右は白です(^^:

またボンネットの開閉は、チョロQ的には
どちらが正しいのか?解らないですが
個体差か? 製造年などで違うのか?
ボンネットが真っすぐに立つタイプ
少し斜めまでしか立たないタイプが在ります。
*実車は斜めで直立はしません。

裏(下)には、お腹のセンターにシールが貼られています。
初期の販売は「チョロQ」の文字が大きいシールで
フェアレディZがカタカナでは無く
NISSAN FAIRLADY 240ZGになっていました。

■日産フェアレディZ・240ZGの頃

1969年S30型は、L型エンジンのバリエーションを加え
*432などが発売されました。
*4バルブ・3キャブレター・2カムシャフト

海外のアメリカとイギリスで2.4LのL24型エンジン
搭載したダットサン240Zが先に販売されます。

1971年に輸出専用のたL24型エンジン搭載の
フェアレディ240Zを発売開始。

その中のランナップ「フェアレディ240Z-G」
*Gノーズと呼ばれる、グランドノーズが先端に
付けられ、FRPのフロントバンパーのエアロと
オーバーフェンダーが装着されたモデルが
今回のチョロQフェアレディZ240ZGのベースです。

*カタログではエアロダイナ・ノーズと記載
されていますが…逆に一般的・クルマ好きにも
通じないネーミングで、Gノーズが通称を超えた
パーツ名として定着しています。


■メーカー・MAKER タカラ・トミー
■発売・Sales Year  2007年
■当時価格 367円(税込)
■製品仕様 全長サイズ約4.8cm

■Amazon

チョロQ よろしくメカドック ( セット )
チョロQ HGノスタルジックセット・チョロQ 西部警察 スーパーZ

/*Googleアドセンス*/