メカブトン 真合金・タイムボカン【74】

メカブトンと呼ばれないメカブトンの魅力!

Introduction of Japanese toys
Mechabuton(Time Bokan)

ホビービルドプラス宇宙九太です。

玩具レビュー73は、1975年10月4日から
1976年12月25日毎週土曜にフジテレビ系で
放送していた、タイムボカンシリーズ第1弾
タイムボカンに登場するメインメカ
メカブトン*ユニファイブが、1999年に発売
したSG-01真合金メカブトンのレビューです。
*ユニファイブ・当時期のバンプレストの子会社。
1994年~2001年バンプレストに吸収合併。
*バンプレスト1999~2003年を旧・バンプレストと言う。

It is an animation work of Japan in 1975.

 タイムボカン(母艦)という名前!?

商品名はメカブトンと略されてますが
設定上は、タイムメカブトンと言う名前の
カブトムシ型のタイムマシンで、作中では
メカブトンの事を、タイムボカンと言って

いて、メカブトン、テントウキヤゴマリン
合体メカと説明したタイムボカン
メカブトンとは何故か殆ど言われません。
それなのに、子供達やファンには今でも
メカブトンの方が、知られたメカ名と言う
不思議なメインメカです。
*実際には、テントウキ、ヤゴマリンは
 搭載メカと言った方が正しいメカです。

作品人気が拡大すると、タイムボカンも増え
タイムドタバッタンタイムクワガッタン
加わり、いずれも商品化される人気でした。
放送終了後23年経っても、その人気は衰えず
2016年にはリメイク作タイムボカン24
放送されています。


玩具のメカブトンは、ブルーメタリック
塗装のダイキャストボディが、何より凄く
シンプルながら高級感すら出て居ます。

放送当時にもタカトクからZ合金として
メカブトンは発売されていますが、羽根が
クリアブルーの樹脂製だったり、角も部分的
にメタリックのプラパーツで、作中の雰囲気
には、もう1つな出来でした。

ユニファイブメカブトンは、真合金の
第1弾と言う事もあり、作中のメカブトン
忠実に贅沢に造られています。


サイドから見るとメタリックブルー
ボディに、白淵取りの赤いラインやY字の
マークも、当時のシールとは違いタンポ印刷
で、綺麗にプリントされています。
*タンポ印刷>用語辞典頁へ

正面から見ると、カブトムシ(オス)の角も
メカぽくデザインされていて、車輪の太さも
作中に近い感じです。車輪表面のスリッドは
残念ながらモールドでは無く印刷です。


斜め後方からの迫力は、重厚感が凄いです。
上に少し見えるのが、搭載機のテントウキ
のトップ部分の一部です。


角の左右の部分は、作中でも回転して活躍
しますが、シッカリ回転し全部ダイキャスト
で出来ているのは素晴らしいです。


真後ろは、最もドシンプル1999年
発売するのに、ここまでシンプルなのも逆に
勇気がいる事かもですが、この方が個人的に
は好みです。


背中の羽根は、段階的なコツが必要ですが
大きく開きます。
少しスライドさせてからで無いと大きく
開く事が出来ないようになっているのは
閉じた時の隙間が、大きくならない為と
金属の羽根の塗装が傷つかないように配慮
されています。


背中のテントキを外して、メカブトンのタイヤと
比較した写真です。
搭載メカでも、細部まで細かく塗装されて
いるのが解ります。


裏側のセンターには、丸い磁石が写真のように
埋め込まれていて、磁石の力メカブトン
背中に固定されています。


内部のメカの後方に在る、2基の噴射口上の
メタリックパーツを後方にスライドすると
左右から羽根が飛び出します。

作中では、羽根を出して飛ぶと車輪が格納
されるのですが、そのギミックは作中は格納
というか?アニメ的に消えるに近いので
3D化は無理だったようです。


下面は、上がシンプルな分、手抜きなく造形
塗装されて造りこまれています。
刻印緑の部分に入って居ます。


前方にある小さいレバーを操作すると、搭載機
ヤゴマリンのハッチが開きます。


ヤゴマリンも、テントウキと同じく細部まで
ちゃんと造形、塗装されています。

何故か?タイムボカンと言うタイトルに
なってる名前を押しのけ、放送後の未来でも
メカブトンと言われ続ける不思議なメカブトン
(タイムボカン)の決定版的な玩具ですので
ファンの方は手元に置いておきたい1台です。

千葉県松戸のピアザ松戸内のコントンタウン
での販売の他、通信販売で限定50個が販売されたのが
上の当時の宣材からも解りますので、トータル
多くて数百個単位の製造だったと思われます。

また第1弾メカブトンが売れた事で
SG-01Bとしてブラックメカブトン
(クリア指人形3体入)も発売され、東京トイ
フェス限定300個ゴールドメカブトン
(クリアケース入)も記念販売されました。

メカブトン タイムメカブトン(タイムボカンI)データ

動力・エンジンユニット巨大乾電池状エネルギーパック2本

ツノの先が回転、地中を掘り進める。

走行・機体下部の車輪にて地上を移動。
飛行・車輪を機内に収納後、翼を出して飛行。

搭載機
テントウキ・背中のテントウムシ型小型飛行機
ヤゴマリン・腹部格納のヤゴ型の小型水中探索機

■メーカー・MAKER ユニファイブ
■発売・Sales Year 1999年
■定価 7800円
■登場作品 タイムボカン
■製品仕様 全高・約18cm
 
 

●タイムボカン・チョロ坊のページへ

/*Googleアドセンス*/