ロボダッチ  タマゴロー タカラ【56】

メーカーを超える!ロボダッチの魅力!

Introduction of Japanese toys
Robodatch Tamagoro
玩具レビュー56は、ロボダッチ
ブンブンタマゴローを、タカラが発売した
ダイカスト玩具のレビューです。

ロボダッチは、1975年に誕生した
今井科学(イマイ)プラモデルをメインに
したオリジナル世界で展開した玩具です。

人間の友達(トモダチ)に対してロボットの
トモダチだからロボダッチと言うフレーズで
タマゴローをメインに多くの仲間のロボット
を商品化したシリーズです。

1980年にも再販・新展開、1990年代には
ユタカから新生ロボダッチとして再スタート
2005年~営業停止したイマイから金型を受け
アオシマが、コンビニやネットなど幅広い
発売を展開、世代たメーカーを超えた異例な
ファンを確立しているブランドです。

今回のダイカストタマゴローは、イマイ
では無く、ポピー(バンダイ)の超合金
巻き起こしたダイキャスト(ダイカスト)
ブームにのって、タカライマイのキャラを
販売した玩具です。

イマイのプラモとは別のテレビCMも放送され
力を入れたシリーズのNO.1の商品です。
●ロボダッチダイカストラインナップリスト頁へ

ダイカストのタマゴローは、赤いボディ部分
が、ダイカスト(金属)で黄色い部分は樹脂
素材です。出っ歯や目はシールです。

背面は4つの結合ネジの穴が、卵型なので深く
目立ちますが、刻印などは在りません。


サイドから観ると、前後の結合面が少しズレ
ているのが残念です。

ミクロマンロボダッチのコラボ!

腕のボディ側結合部分が見えますが、コレは
当時タカラが力を入れて展開していた独自の
オリジナルシリーズのミクロマンシリーズ
共通する5mmサイズのジョイントを採用して
います。

製造的にも、コスト削減でき共通パーツを
両方に入れ、子供もミクロマンとのパーツを
このロボダッチダイカストに付けたり、逆に
ロボダッチのパーツを、ミクロマンシリーズ
に、装着すると言う遊びが可能にした事が
タカライマイのシリーズを展開する事を
決断したポイントの1つだと思われます。

尻尾は、取り外し可能で長さが解ります。



お腹の黒い矢印部分は、手前に開いて中から
タマゴローの設定でもある、ロボダッチを
産む(製造)と言う形のギミックを、ミニ
サイズのロボダッチが出て来る事で見せて
居ます。

ブンブンタマゴローなのですが、手動で回る
プロペラパーツが破損したのか?紛失して
いて申訳ありません。下に掲載の写真箱の
写真で御確認ください。

上の写真も同付属のパラボラアンテナです。
下駄を履いた長い足も付属していますが
タマゴローらしくないので撮影していません。

足の裏は左右が同じ刻印で、タカラのマーク
ベルヌの文字が入って居ます。

プラモデルの再販など、75年の発売時期ほど
のブームでは無いですが、何度も発売会社も
変えて復活(復刻)されるロボダッチは特殊
な玩具ブランドで、ユニオンクリエイティブ
から更に、ズッシリ!ダイカストシリーズ
ロボダッチ タマゴローなどが発売され続けて
いますので、70年代ロボダッチをコレクション
するのも良いかもしれません。

■メーカー・MAKER タカラ(ベルヌ)
■発売・Sales Year 1976年~
■当時価格 1400円
■製品仕様 全長サイズ約80cm

●ロボダッチダイカストラインナップリスト頁へ


/*Googleアドセンス*/