鉄腕アトム  ソフビ・ビリケン商会【54】

未来でレトロな35年後のアトムの魅力!

Introduction of Japanese toys
Tetsuwan Atom(ASTRO BOY)

玩具レビュー54は、手塚治虫の代表作
鉄腕アトムを、ビリケン商会が発売した
ソフビのレビューです。

鉄腕アトムは、1952年から雑誌少年に連載
された人気漫画で、1966年国産初のアニメ
としてフジテレビ系で放送、1980年には
カラーで日本テレビ系で放送された作品。

世界各地でも放送され、アストロボーイ
(ASTRO BOY)として海外でも有名で
現実の日本の人型ロボットの開発のベース
に大きな影響を与えたSF作品です。

発売元のビリケン商会(BILLIKEN SHOKAI)
は、東京都の南青山で1976年から営業する
ギャラリー&アンティック・トイの商会で
ガレージキットやブリキ玩具など、懐かしい
キャラクター玩具なども販売しています。

このアトムは、手塚治虫キャラクター・
ワールドソフトビニール人形コレクション
1つとして、ヘッダー付きの袋入りで1987年
~10年間販売されていました。

どちらかと言うと、80年代のアニメよりも
フジテレビ版やマンガのアトムを連想する
フォルムで、瞳も上目使いと言う愛嬌がある
ソフビです。

整形色は、もちろん肌の色で他が塗装です。
*シリーズ名が長いからか?他との区別の為に
ワールドアトムとも呼ばれます。

アトムの角は、ねずみの!?


後ろから観てもアトムと、ひと目で解る姿で
アトムの角、2次元の紙やテレビでは
ミッキーマウスの耳と同じく、どの方向から
でも重ならないで、2つに見えるように描かれ
ていますので、3D化の難しいところですが
微妙な角度や高さを上手くにしています。

ブーツの裏には、ジェット噴射口などは無く
右に手塚プロ、左に1987年刻印があります。

手と言うか…腕全体が、先端に行くほど太く
なるようなマンガ的な造形で、ボディとの
接合部分から可動しますが…なんと可愛い
ぽっぺたに当たり、それ以上は腕は上には
上がりません。

ただ、この腕のディフォルメは漫画やアニメ
の2次元を立体化した一番面白い部分であり
このアトムのソフビが存在するポイントです。

足はパンツ?部分のボディパーツの結合部が
可動するだけなのですが、接合部の角度が
微妙に良い角度なのと、斜め外側にハの字に
広がっている事で、なんとも不思議で可愛い
ポーズが可能になっています。

■メーカー ビリケン商会
■発売   1987年
■当時価格 4000円
■手塚治虫キャラクター・ワールド
ソフトビニール人形コレクション
■登場作品 鉄腕アトム
■製品仕様 全長サイズ約20cm

Amazonで関連商品を詳しく見る。↓


/*Googleアドセンス*/