ゲッター3 バンダイ・超合金【49】

突き刺さる輝きの合体ギミック!!

Introduction of Japanese toys
GetterRobot(Getter3)

ホビービルドプラス宇宙九太です。
玩具レビュー49は、1974年4月4日木曜
夜7時に放送された東映動画のゲッターロボに
登場する、当時のポピーの超合金ゲッター3
を、2003年にサイズを少し小さくして出した
復刻版のゲッター3のレビューです。


ゲッター3は、ゲッターロボ第3の形体
で、巴 武蔵が操縦するベアー号が頭部に
来る合体ロボで、ゲッター1は空をメインで
2が陸・地中、ゲッター3は見た目に要素は
無いのですが、水中の戦闘時にチェンジする
事が多く、パイロットのイメージから?
怪力という設定になっています。
It is an animation work of Japan in 1974.

その辺のズレは、続編のゲッターロボGでの
第3形体を名前もポセイドンと修正している
事からも、若干水中と見た目のデザインには
ゲッター3は合致しませんでした。ですが…

5年後の機動戦士ガンダムガンタンク
当初のコアファイターを中心にした3形体の
合体ロボのプランで、ゲッター3をモチーフ
にしていています。

超合金ゲッター3は、サイズ以外は殆ど
オリジナルと変わりなく、ジャガー号
コックピットに水色の塗装が、加えられた
くらいで、この部分が逆にオリジナルが
コックピット前の紺色の三角スリッド
コックピットの窓だと勘違いした事を
29年後に修正して来た感じです。

頭部のミサイルは、サイズダウンしても
健在で、ややギミック方式が違うものの
意外に?ちゃんとミサイルは発射する
技術には驚きます。

横から見ると、腕が…太くねぇ?て言い
たくなるくらい極太です!

ただ、この太さは一応90万馬力と言う
とんでもない数字の馬力と設定の為…
納得せざる得ませんし、超合金の御約束
ロケットパンチも、頭部のミサイルも在る
事からも、無くしているのはゲッター3
ファンには良い事だと思います。

それに対してキャタピラは、この大きさ
で、時速200kmと言うのはテレビ画面
動きからも納得いかない設定で、それら
初の合体ロボのゆるい設定や形も、また
ゲッターロボの魅力であり、その代表格
が、ゲッター3とも言えます。

背面から見ると、後頭部の下に小ネジが
在り、背中のイーグル号のセンターに
大きなネジが在ります。

ジャガー号ジェット噴射2機も
別パーツのメタリック塗装です。

真裏はセンターに刻印が在り、玩具的に
キャタピラでは無く、ジャガー号本体
側に在る銀の4つのコマで走行します。

この部分だけ見ると、ゲッター3
超合金ですが、ポピ二カにも分類出来る
異例なスーパーロボットです。

合体を表現したギミックの魅力!


そして頭部のミサイルと共に、ゲッター3
玩具としても最大のギミックは、ジャガー号
ベアーイーグル号が、縦に突き刺さる
合体する部分を再現する事が出来る事です。

大人目線で言えば、イーグル号の先端が
四角いのは残念ですが、当時の子供には
初の合体ロボのギミックの一部を、玩具で
再現出来る事は、何よりのギミックでした。

ゲッター3

水中戦型形態

全長20m 重量250t 最大出力90万馬力 

最高走行速度150km/h

合体・ベアー、イーグル、ジャガー

パイロット・巴 武蔵

装備・ゲッターミサイル

能力・技 大雪山おろし

■メーカー・MAKER バンダイ
NO.GT-09 オリジナルNO.GA-4
■発売・Sales Year 2003年
オリジナル1974年
■定価 1500円  オリジナル1100円
■登場作品 ゲッターロボ
■製品仕様 全高サイズ・約90mm

●超合金GAラインナップリストへ

/*Googleアドセンス*/