ドラえもん ポピー・超合金【037】

古くて新しい1979年のロボットの魅力!

Introduction of Japanese toys
DORAEMON

玩具レビュー037は、藤子・F・不二雄
原作のドラえもんが、1979年4月2日
月~金の18:50 -~19:00で、アニメ化
された時に、ポピーから発売された玩具
超合金ガチャガチャドラえもん
オリジナル商品のレビューです。


22世紀の未来からやってきたネコ型ロボット
ドラえもんの説明は、必要ないと思いますが
1973年に最初にアニメ化された時は
2クール(約半年)で終了し、御世辞にも
ヒットしたとは言えない結果でしたが
好きだった子供には、1979年アニメ化
10分と短いとは思えても、嬉しい放送でした。

玩具やグッズの販売も、73年を大きく上回り
国民的キャラクターに成長して行く、初期に
「超合金」のブランドを冠にして発売した
のが、このガチャガチャドラえもん
まだ、映画化などされるとは子供達は想像も
してない頃の玩具です。


玩具のドラえもんは、見た目79年よりも
73年的な感じがするスタイルと顔で、ヒゲ
の存在などが大きく、ネコ型ロボット感が
強く出て居ます。

四次元ポケットギミックで再現!

首輪は赤いリボンで、本物の鈴が付けられ
四次元ポケット黄色になっています。
目は活目で瞳が動きますが、経年劣化で
変色していますけども、本来は透明です。


後ろからは、頭部の左右に留めネジが在り
ボディも左右に留めネジ、腕も背面側に
ネジが在ります。

ギミックのレバーにもなっている尻尾
先端にもネジが在ります。


頭部にある丸い部分は、カプセルを入れる
押し開き扉になっていて、カプセルで
押すと中に入っていき、また戻る扉式に
なっています。

扉の上には、カプセルしか入れない事など
注意書きのシールが貼られています。


お腹と言うより、頭部の中に入った道具の
入ったカプセルは、ポケットの部分を
開いて、出す事が出来ます。

開くとポケットの中のメカが観れるのが
斬新ですが、よく再現されています。


お腹を開いて、尻尾のレバーを引いて
押すと、道具の入ったカプセル頭部から
腹部に落ちて尻尾のレバーを押すと
カプセルが転がり出てきます。


カプセル12個付属して、頭部には7個まで
入れる事が出来ます。

ただ、秘密の道具は消しゴムなので
プラ製のカプセル容器と癒着してしまい
現在は、取り出そうとすると道具が破損する
恐れが在るので、開けていません。。。
*再販版を御持ちの方で、癒着を避けたい方は
カプセルから道具の消しゴムは出して保存する
など対処してください。
*ゴム・プラ癒着参考例


ドラえもんの手も、ペタッとくっ付く設定を
活かして、左を磁石に、右は道具の細い棒状の
モノなどを持てるように、切込み型が入って
いるという、左右違う手になっています。


足裏は凹んでいて、その奥に刻印が在ります。
バランス的には大きな足ですが、超合金の重さ
と、ガチャガチャのギミックに必要な安定を
考慮したサイズになっています。


超合金ガチャガチャドラえもんは、1979年版
の復刻も出ていますし、リニューアル版も
2005年に発売された楽しい玩具ですので
ドラえもん好きな方には、一家に1台欲しい
ガチャガチャだと思います。

■メーカー ポピー(BANDAI)NO.GB-04
■発売   1979年
■当時価格 1550円
■登場作品 ドラえもん
■製品仕様 全長サイズ約10.5cm

●超合金GBラインナップリストへ

/*Googleアドセンス*/