鋼鉄ジーグ タカラ・マグネモ【35】

リアル磁力で引き寄せた大ヒット玩具!

Introduction of Japanese toys
JEEG ROBOT
玩具レビュー35は、1975年10月5日
日曜18:25~NET(現テレビ朝日)系
で放送されたアニメ番組鋼鉄ジーグ
タカラが、マグネモシリーズとして
発売した玩具のレビューです。
It is a Japanese animation program of 1975.


巨大ロボット、スパロボに分類されますが
サイボーグの主人公司馬 宙が変身して
頭部のパーツになり、他の体のパーツと
合体して、鋼鉄ジーグになると言う
変身と合体の合わせ技なので、他に類が無く
ロボットと言い切るにも、少し戸惑いますし
身長も10mと巨大でもない存在です。


鋼鉄ジーグの玩具は、ポピーの超合金
対抗したタカラのシリーズでした。

ダイキャスト合金は少なく、プラ製の部分が
多いのですが、磁石で体が合体する
アイディアは、テレビ作品の磁力の力で
鋼鉄ジーグになる部分と、合致したのが
子供達に受けて、大ヒット商品になりました。


ボディの磁石で頭部、腕、足が合体します。


背面は腰の後ろに、腹部のスピンストーム
はめたミサイル?を発射するレバーが在り
その上下の穴mも、付属パーツなどを差し
込む機能も兼ね備えていました。


手首から先は、マジンガーZロケットパンチ
に近い武器ナックルパンチとして飛び出します
ですが、子供は*ナックルボンバー!と言って
遊んでいた子が多いと思います。
*ナックルボンバーは、両手を組んだ手首が
1つになって飛んでいくジーグの得意技


上の写真は4枚が当時のオリジナルですが
1998年復刻版(上右)の方も観ていきます。
略当時と同じですけども、パンツ?の*水色
少し濃く、ドリルパーツ先端が少し丸い感じに
なっています。
*アニメのジーグは白(銀)色で青くない。


ドリルパーツなどは、ビッグシューターから
打ち出されビルドチェンジ(パーツ交換)を
しますが、この玩具では背中にも付属のパーツ
で、写真のように装着する事が出来ます。


腕や足などのパーツと、磁石での脱着で
いろいろと交換が出来ます。

また別売りのパーンサロイドセットを使うと
下半身が馬のような形体などにも変わり
マリンスタイルなども発売されていました。


足の裏は刻印とネジ穴で、立たせる為に
アニメの足よりも広く造られています。


箱は復刻版ですが、右上にシールが貼られて
いるだけで、特に変わらないと思います。

■メーカー・MAKER タカラ・TAKARA
■発売・Sales Year 1975年 復刻版1998年
■当時価格 1400円  復刻版3980円
■登場作品 鋼鉄ジーグ(JEEG ROBOT)
■製品仕様  全長サイズ約16cm

/*Googleアドセンス*/