EF58形電気機関車 トミックス 【22】

旅客用直流電気機関車ゴハチの魅力!
Introduction of Japanese toys
TOMIX EF58 N・GAGE

玩具レビュー22は、国鉄時代の電気機関車
EF58形を*TOMIX(トミックス)が製品化した
Nゲージサイズの模型です。
*玩具メーカートミーが、Nゲージの総合
メーカーとして作ったブランド名。


EF58は、1950年代~1970年代に、東海道
山陽、高崎、上越、東北、伊勢などで活躍
1980年代までに、殆どが運用から退いて
車輌は、静態・動態保存されています。

特急列車を牽引していた事や、流線形の顔を
持つことなどから、鉄道ファンにはゴハチ
ニックネームで呼ばれ、玩具やプラモデル
鉄道模型などに、何度も商品化されている
人気の電気機関車です。
TOMIXでも、何度も再生産されています。

EF58は、全長19.9m 全幅2.8 m
全高3.926 mと、大型の車輌で
戦後初の電気機関車と言う事からも人気で
輸送力不足を補うために造らせたのですが
復興の象徴的な存在でもありました。

模型はトミックスの1997年の製品で
ぶどう色2号(一般的には茶色)が標準色
時代のEF58で、カプラー(連結器)も
*アーノルトカプラーのままです。
*K.アーノルトが1963年に開発した
連結器で、97年にはスタンダードでした。

前の窓からも、*大窓と言われるタイプで
ナンバープレートや、ヘッドマークは
別パーツで、選択して装着できました。
型番2121で、大窓の青い一般色は
型番2120でした。
*大窓に対して、前の運転席の窓に
ひさしがあり、Hゴムと言うゴムが窓枠に
在るタイプとで区別されます。
*青と言うより一般的にはのEF58も
在り、つばめの青大将として有名で
ブルートレンとしての活躍もありました。

*お召し列車を引っ張る機関車としても
有名で、61号機の日立製作所製
60号機が東芝製が在り
側面にステンレスの飾り帯を施すなど
お召し用として特別な仕様でしたが
E655系「なごみ」などに譲り、その後は
保管されています。
*天皇、皇后、皇太后のために特別に
運行される列車。
トミックスの1997年の製品にも
お召し仕様が発売されていて
他のEF58よりも100円高い価格で
型番は2117番でした。

1958年までに増備された総製造両数は
172輌で、博物館などで観る事は可能
ですが、走る姿を簡単に観る事は
出来なくなってしまいましたので
レールの間隔(軌間)が、9mmの世界で
楽しみたい方には、手元に置いて欲しい
電気機関車です。1997年製でも元気に
故障なく、今も走っています。

■メーカー・MAKER TOMIX(トミックス)
■実車輌  国鉄EF58形
■製品仕様サイズ Nゲージ142mm
■価格 5300円
■発売・Sales Year 1997年~

Amazonで関連商品を詳しく見る。↓


/*Googleアドセンス*/