グレンダイザー バンダイ・ソフビ【3】

マジンガーの工夫を追加したUFOロボ!

Introduction of Japanese toys
Goldorak・Atlas Ufo Robot
玩具レビュー03は、マジンガーZと同じく
1990年に発売されたバンダイのソフビ
グレンダイザーです。
1975年10月5日の日曜夜7時に、グレート・
マジンガーの後番組として放送された
同・シリーズのアニメ作品
UFOロボグレンダイザーの主役
スーパーロボットです。
It is a Japanese animation program of 1975.

マジンガーZのソフビと同じゲーム
「スーパーロボット大戦」シリーズのヒットで
アーケードゲームの景品やカプセルトイ
グッズなどが発売、他のスパロボと、共に
様々な商品が発売され、マジンガーシリーズの
3作品目として人気のスーパーロボットです。

日本ではWマジンガー程の人気は出ずに
同・シリーズは3作で終わる事になりますが
意外にも数年後に海外での放送が始まると
日本よりも大人気の作品になっていきました。

フランスではGoldorak(ゴルドラック)と
言うタイトルで、視聴率平均75%最高で
100%と言う驚異的な数字を記録し
イタリアでも、Atlas Ufo Robot
(アトラスUFOロボット)と言うタイトルで
最高視聴率は80%以上を記録。
他のヨーロッパや東アジアなどで、大ヒット
を連発して今でも、多くの根強い人気です。

このソフビもWマジンガーと同じ
スーパーロボット大作戦シリーズXX-03番
としてラインナップされ、グレートマジンガー
よりも普通に入手可能でした。

グレンダイザーも基本的なカラーリング
パターンは、Wマジンガーと同じですが
このソフビは前2体のXX-01XX-02の要素
を、取り入れた工夫が施されています。

頭部は同種のソフビの中でも、硬化なPVC
に近いようで、かなり硬く造られていますの
で、少し曲げてみようとしても、他の部分と
違い、まったく変形しません。

おそらく特徴的な角が尖って居るので、この
先端に気泡が入るなどを防ぐ為の変更で
額の小さな突起3つも先端は、丸めてあります
が、指を強く当てると痛いくらい硬い頭部な
のが解る部分です。●PVC・用語辞典頁へ

塗装や関節が進化した第3のスパロボ!

塗装的には、グレンダイザーの頭部は角の
黄色が整形色で他の色が塗装してあります。
ボディは整形色が赤なので、胸の赤い
反重力ストームと、下半身の足の付根の
上のが整形色のままです。

この下半身のはオシリまで回り込んで
いて複雑なので、この塗装が出来るので
あれば、グレートマジンガーの背中の
スクランブルダッシュも、整形色の赤を
残せたのでは?と、思えてしまいます。

腕はグレンダイザー独特の工夫が、施されて
いて、スクリュークラッシャーパンチ
赤いデコレーション部分が在る為に、肩から
手首までが赤の整形色で他の色が塗装です。

そして、手首から先(拳)部分が別パーツに
なって装着されているので、初めて
Wマジンガーでは出来なかった拳の向きを
変えられる関節(関着)を持っています。
ただ、グレンダイザーはスクリュー
クラッシャーパンチが*主なので赤い
デコレーション部分が前に来る為に
この手首の可動は、マジンガーZ
グレートマジンガーの方が欲しい関着でした。
*グレンダイザーも、ダイザーパンチと言う
ロケットパンチのように、発射する事も
一応あります。●関着・用語辞典頁へ

足は股関節から下が別パーツで、足首まで
は整形色は紺色、足首から先は黒が整形色
です。
足の裏のロケット噴射も、グレートマジンガ
よりも大きく、モールドのパターンも
異なります。

刻印は同じ背中と下半身の上に入って居ます。

3体を並べると、グレンダイザーは角から
逆算した玩具サイズで、全体を統一している
ので、顔を中心に他と比較すると、スケール
感が一番小さい感じに見えます。事実ソフビ
を計測しても、身長は少しWマジンガーより
も低く出来ています。

それに、今の視点で観るとダブルハーケン
(肩にあるU字の武器)が、この造形だと
真上に飛び出すと角が邪魔で出れないのは
当時のアニメの良い意味での緩さの(味)な
のでソフビでは、ハーケンが抜けない作中と
同じ角度を楽しむのも、ありだと思います。

■メーカー・MAKER バンダイ・BANDAI
■発売日・Sales Year 1990年
■定価  1500円
■登場作品 UFOロボ グレンダイザー
■製品仕様 素材 ソフビ 全高:約205mm

●スーパーロボット大作戦・ラインナップリストへ
Amazonで関連商品を詳しく見る。↓


/*Googleアドセンス*/