グレートマジンガー バンダイ・ソフビ【2】

剣鉄也が持った、初めてのブレード!

Introduction of Japanese toys
Great Mazinger SOFUBI
玩具レビュー02は、マジンガーZと同じく
1990年に発売されたバンダイのソフビ
グレートマジンガーです。

1974年9月8日の日曜夜7時に
マジンガーZ最終回からバトンタッチした
続編アニメ作品の主役スーパーロボットです。
It is an animation work of Japan in 1974.

マジンガーZのソフビと同じ、TVゲーム
「スーパーロボット大戦」シリーズのヒット
で、アーケードゲームの景品やカプセルトイ
グッズなどが発売されました。

他のスパロボと共に様々な商品が発売され
マジンガーZにも負けない人気を誇り
ダブルマジンガーとも言われ2体をセットで
揃えるファンが多いロボットです。

同じくスーパーロボット大作戦シリーズ
XX-02番としてラインナップされました。

しかし発売当時、マジンガーZより販売個数が
少なかったようで、入手が困難な1体でした。
その原因は、頭部の造形がマジンガーZよりも
複雑で尖った箇所が多く、ソフビの製造上気泡
が、入ってしまう事が原因と噂されました。

事実、耳だけを観ても型から抜くと言う方法で
量産される「形」としては、マジンガーZより
も難しいのが解ります。

巨大ロボ初の手持ち武器!

グレートマジンガーは、マジンガーZが
*初の人・兜甲児が乗り込こんで操縦する
巨大ロボアニメと言われるのに対して
初めて武器(剣・マジンガーブレード
手に持った巨大ロボと言われるスパロボ
今では当たり前のような事ですが
どちらも、パイオ二アとしての
背景を持つスーパーロボットでした。

*アストロガンガー(マジンガーZより2ヵ月早い)
は、初の人間操縦ロボットの説もありますが
ガンガーは意思を持ち、人語を話し喋るのと
カンタロー少年が、吸い込まれ体内に入り
融合するのでロボットと断言し難く
操縦とも断言し難い面が在る。


グレートマジンガーのソフビも、マジンガーZ
と同じく全体に凹モールドが入って居ます。
ボディは、マジンガーZは腰の部分(銀の腹部
下)で分けしてますが、グレートマジンガーは
胸の黒い下(腹部の上)でパーツ分けしています。

腕の構造や塗装も同じで、アトミックパンチ
紺色が整形色で、銀と肩の黒が塗装です。
肩の付根は同じく可動し、肘は可動しませんので
拳も同じく横向きにはなりません。

しかし、マジンガーZとまったく違うのが足の
部分で、グレートマジンガーは、足の付根
(股関節)で別パーツになっているので
股関節が可動して、マジンガーZは可動した膝は
逆に可動しません。

それはグレートマジンガーが、巨大ロボで
初めて武器を手にしたマジンガーブレード
格納されている尖った太腿サイドの形状的に
膝から上をボディと一体化すると型抜き製造
のソフビとしては、製造上無理がある為に
マジンガーZとは、足の関着ギミックを
変更しています。 *関着>用語辞典頁へ

足の裏のロケット噴射口も、マジンガーZ
とは違い1つです。刻印マジンガーZ
同じ腹部の裏(背中側)に在りますが
形状的にスクランブルダッシュが在る為か?
銀部分はかなり下の方に刻印され、オシリ
にも刻印されています。

惜しまれるのが、背中の赤いスクランブル
ダシュが整形色はなのに、に塗装して
しまっている点は、グレンダイザーを観ても
何とか出来たと思える点です。

Wマジンガーとして比較して観ると、どちら
も、今見てもとても良い出来だと思います。

2体を並べて観ると、グレートマジンガー
頭部が小さく見えてしまうのが少し残念です。
逆にサイズの大きなグレートマジンガー
スケールダウンしたと思うしかありません。

もう1つ大きな違いはロケットパンチと
膝下の色が、マジンガーZはですが
グレートマジンガーと言えるくらい
明るい色になっているのも統一して
欲しかった点です。
と、言っても2体が並ぶワクワク感は
大人になっても、充分当時の興奮を
呼び覚ます雰囲気があります。

■メーカー バンダイ
■発売   1990年
■定価   1500円
■登場作品 グレート・マジンガー
■製品仕様 ソフビ 全高サイズ・約215mm

●スーパーロボット大作戦・ラインナップリストへ


/*Googleアドセンス*/