アクションフィギュアの関節調整レビュー!

アクションフィギュアは、サイズなど
多種ありますが、他にも応用可能だと
思いますので、ウルトラマンアクト
ココでは、例として写真素材に使用します。


■関節硬くて動かし難い!
新品状態で少しくらい硬い場合は
遊んで(使って)いれば、ベストになる
可能性が高いので、そのまま遊んでください♪

素材の可塑剤が抜けてパーツが縮小し隙間
出来て=動きやすくなります。

冬は硬いのが特徴で、温めれば緩くなるのは
人間と同じです。

でも、これは左右で違うし確実に「硬い」
言う場合*保護艶出し剤を、関節部分に流し
混んでみると動きが良くなります。
また、交換パーツの関節部分に塗っても抜き
刺しがスムースになります。

いや、これは左右で違うし「硬い」と言う場合
*保護艶出し剤を、関節部分に
流し込んでみると動きが良くなります。
また、交換パーツの関節部分に塗っても抜き
刺しがスムースになります。
*アーマーオールクレポリメイトなど(写真


スプレーは無理なので、小皿などに出して
液を綿棒に浸透させて関節に押し当てる
感じにすると液が入っていきます。
それでも硬いと言う場合は、削れる(外れる)
状態の部分は、パーツを少しずつヤスリで
削って調整する必要がありますが…
そこまでの状態のアクションフィギュア
あまり国産品には無いと思います。

*記載の事項は、全て実際に行っていますが
参考にされる場合は自己責任にて御願いします。
Amazonで関連商品を詳しく見る。↓
 
 

 
/*Googleアドセンス*/